このような方は早めの対応を

調子が悪いときに、だれもが思うことかもしれません。

「寝れば直る」

「こんなのは時間がたてば良くなってくる」

たしかにそのような症状もありますが、そんな症状ばかりではありません下記のような方は早めの対応してください。

 

身体の違和感に1週間以上悩まされている方

肩こりや腰痛など、どんな症状でも1週間たっても変化がない場合は、もうとっくに「寝れば直る時期」は過ぎています。

正直ここからは時間との勝負です。

長く放置してしまえば改善への時間は長くなってしまいますので、注意が必要です。

 

デスクワークなどの長時間同じ姿勢をとっている方

筋肉にとって負担がかかってくることのひとつが同じ姿勢をとり続けることです。適度の運動などで筋肉を動かすことがベストとされています。身体を動かすことで血流を良くし身体の隅々の細胞を活性化させる効果があります。

また、デスクワークは「喫煙」と同じくらい身体に害を与えてくるといわれています。

筋肉の緊張、血行不良など、いろいろな要因で身体の違和感を誘発させてきます。

 

過度のストレスを感じている方

精神的なストレスは筋肉の緊張を強くします。

ストレスを感じている方は全身の力が抜けないことが多くあります。
とくに背中(肩甲骨まわり)には顕著に現れ、背中の痛み・肩こり、首の痛みに発展しすることが非常に多く

症状が悪化することで頭痛の引き金になることもあります。

 

姿勢が悪い方

全身への影響は想像を絶します。

あらゆる症状の原因に当てはまることが姿勢の悪さ・身体のアンバランスが影響してきています。

姿勢の悪さの原因で”骨盤のゆがみ”が挙げられます。上下の要である骨盤のバランスが崩れることで身体は悪い方向に進行していってしまいます。

まずは、骨盤の調整が重要になってきます。

(例: 噛み合せ、O脚など)

 

心当たりのない違和感

なぜだか身体に違和感の感じる。
これといった原因の覚えもないし、ケガをした記憶もない。

このような方は、なに気ない普段の生活の中で身体のバランスが崩れていき違和感・痛みを発生させてきています。

仕事のスタイル
”デスクワークで身体を固めてしまう”
”反復作業による筋肉への偏った負担”

いわゆる疲労の蓄積によるものが多くなってきます。

 

肩関節・股関節の問題がある方

人間の身体の中でも非常に可動域の広い関節になっており、構造も良く似た形になってきています。

正直、可動域の広い関節ほどむずかしいです。

とくに、股関節は上半身の重みをすべてここで受けています。また立ったり座ったりとと、ほとんどの動きに対して働くことになりますので負担が大きくなります。

 

ギックリ腰・寝違えをよくする方

ギックリ腰や寝違えのキッカケは些細なことが要因で発症します。

特に重いものを持ったりするような大きな負荷がかかったわけではなく、靴の紐を縛ろうとしゃがんだときや机にあるペンを取ろうと身体を伸ばしたときなどのほんのちょっとのことがキッカケになることが非常に多くあります。

なぜそうなるかといいますと、人間は日常生活でのクセというのが誰しもあります。そのクセにより身体の負担がかかる部位が出てきてしまい疲労という形で蓄積されていきます。

その蓄積した疲労が些細なことで大きな痛みに変わってしまいますので、その疲労は随時取り除いたほうが痛みを発生させにくくなります。

 

内臓からの痛み

内臓疾患からの身体への違和感

・・・・肺
・・・・食道
・・・・脾臓
・・・・すい臓
・・・・胆のう
・・・・直腸
・・・・子宮
・・・・子宮頚部
・・・・右横隔膜
・・・・腎臓・副腎

 

内臓疾患からの身体の痛みの特徴

  • どんな姿勢でいても痛みに変化がない
  • 睡眠を阻害されるほどの夜間痛
  • 発熱を伴う場合がある
  • 痛みの部位を叩くと身体の芯に響く違和感がある
  • 今までに感じたことのないような痛み

肩・背中・腰などに、このような違和感がある場合は専門家に相談してください。