よくある症状

当整体にお越しいただく方で特に多くあり一般的にもよくみられる症状を紹介しています。


肩・首・背中の症状

肩こり・首の痛み

”肩・首”の症状に悩まされている日本人の約3000万人いるといわれており、デスクワーク等で長時間身体を固めてしまうことで症状を悪化させてきます。

また、この”肩・首”には共通した筋肉がいくつも付着しているため関連性が非常に深くなってきます。

”肩・首”に関しては女性のほうが違和感を感じている方が多く思われ、その原因のひとつに男性より首が細く筋肉量も少なく単純に首にかかる負担が大きいためともいわれています。

​腕の疲れは”肩、首”に影響が大きいので注意が必要です。

詳しくは

 

背中の痛み

背中に違和感をもたれている方の多くは肩甲骨まわりを指摘されることが非常に多くあります。肩甲骨の動きの悪さは肩こり・首の痛みに発展していくので気を付けていきたいところです。

肩こりなどと同じく、長時間での同じ姿勢(下を向く姿勢)というのが一番の悪化要因になってきますし、なによりも姿勢を悪くし身体のバランスが崩れてしまうことで全身への影響が大きくなってくることがあるので注意したいです。

詳しくは

背中の痛みというと内臓からの痛みが心配されますので注意が必要です。

内臓からの痛みはこちらから

頭痛

頭痛といいましても、いくつかの種類があります。

首や肩の筋肉の緊張からくる頭痛を”筋緊張性頭痛”といいます。

ー筋緊張性頭痛ー
筋肉の緊張などにより血流が阻害されるために発生することが多く、温めることで症状が緩和する。

ー偏頭痛ー
光や食べ物(レモン、チョコレート)に反応しやすく、血流が促進することで発生し冷やすことで痛みを抑えることができる。女性に多い

ー群発性頭痛ー
原因は解明されておらず通称”自殺頭痛”と呼ばれることもあります。定期的に我慢し難い痛みが襲ってきます。男性に多い

脳梗塞、髄膜炎などの病気が原因での頭痛もありますので注意が必要です。

詳しくは

 

四十肩・五十肩

腕が上げにくく肩関節に痛みが走る症状をそうじて”四十肩・五十肩”と呼ぶことが一般的になってきており、腕を横に上げる(外転)後ろに回す(伸展)動きが困難になる方が多くなってきます。

原因としては、ローテーターカフ筋(棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋)のアンバランス、肩関節のインピジメント(骨同士が衝突)、石灰化などが原因に挙げられます。

症状が酷くなると腕を動かさなくても違和感や痛みを感じ、更なる症状の悪化で肘まで痛みを伴うことがあります。

詳しくは


肩・首・背中・頭痛の症例

 

腰・殿部の症状01

腰痛・殿部の痛み

人間の二人に一人が腰痛に悩まされてるといわれています。

その大きな要因に”人間は二足歩行の動物”になったためという説があります。人間の腰まわりには腸腰靭帯というものが存在しているのですが、この腸腰靭帯、腰を安定させるために筋肉が進化したもので四足歩行の動物にはありません。

というように、人間の腰は筋肉を靭帯に変えてしまうほど負担が大きいものなのです。

詳しくは

 

坐骨神経痛

殿部、太ももの裏側、膝下(スネ、ふくらはぎ、足ウラ)に痺れ・痛みを発生させることをいい、症状が進行すると力が入りにくい筋力低下が起きてきます。

原因は様々、腰部のヘルニア、狭窄症、すべり症、梨状筋症候群などの筋肉の緊張が挙げられます。

腰痛とセットと思われがちですが決してそうではありませんし、脳梗塞などで脳に異常がある場合も良く似た症状を発症することがありますので注意が必要になってきます。

詳しくは


腰・殿部・坐骨神経痛の症例

 

手・足の症状01

手・足のしびれ

”しびれ”の原因としては「神経性、血液性」があげられます。

ー神経性のしびれー
ヘルニアや筋肉の緊張による神経の圧迫が原因で発生、発症部が局所的なことが多い。(例・・ヒジをぶつけた時の”しびれ”)

ー血液性のしびれー
筋肉の緊張による血行不良が原因で現れ、全体的にしびれが出る。(例・・正座による”しびれ”)

神経性・血液性ともに筋肉の緊張が大きく影響してきている例は多々あります。

脳梗塞、脳腫瘍によるものもあるので注意。

詳しくは

 

ヒジの痛み・腱鞘炎

現代病の一つとしてあげてもおかしくないものになってきました。

パソコンなどのタイピング作業で指の動きを酷使される方は非常に発生しやすい傾向にあり、安静にしていることで改善していくことが多いのです。

腱鞘炎とヒジの痛みは症状が発生する部位が違えど原因は”使いすぎによる疲労”が原因になりますので気を付けたいです。

 

ヒザ・股関節の痛み

ヒザ、股関節の問題に関してはスポーツ障害というものが多くなってきますが、腰痛と大きく関係してくることがあります。

腰痛の原因のひとつに骨盤の傾斜が大きく影響してくるのですが、この骨盤の傾斜がヒザにも関係してきます。
(例・・女性に多くあるヒザが反対に反ってしまう反張膝は骨盤の前傾が影響してきます)

腰痛からヒザの痛み

股関節の痛みと同時期に腰への違和感ということは多くみられます。

詳しくは


上肢、下肢、ヒジ、ヒザの症例

 

その他の症状02

その他の症状

慢性疲労の原因は足にあるともいわれています。

”身体のゆがみ、首まわりの緊張”からくる。アゴの問題

天気の変化による、身体の不調。

詳しくは


その他の症例