しょうがないでは済まされない、腰痛・・・。

腰痛なんてものは人間の半数以上が悩まされているといわれていて、一番の要因は四足歩行から二足歩行に人間が変わったからといわれています。

といわれましても、今さら歩いたり走ったりするのを止めて這って移動するのはどうかとも思いますし、正直いって”つらいものはつらい”ですし”痛いものは痛い”というものが腰痛になってきます。

 

腰痛って・・・・。

・朝、痛い・・・。
・坐骨神経痛への発展はつらい。
・ギックリ腰なんて最悪。
・ヒザ・股関節と深い関係。
・骨盤のゆがみから。
・立っている方が楽。
・腹筋っていうけど?

 

 

朝、痛い・・・。

腰痛持ちの方からよくお聞きする内容なんですが!
「朝起きるときが一番つらくて、動き出せば徐々に楽になってくる」

けっこうな割合でこの話は耳にしますね。

身体が痛いときって一番は筋肉に問題がある場合が多いんですが、それは腰痛なんかにも当てはまることなんです。

もちろん”朝、痛い・・・。”というこの場合も同じで
寝ている間は寝返りを打つぐらいで、そんなに身体を動かしているわけでないので必然的に筋肉は固まってきます。

そうなると、朝は固まっている筋肉を無理矢理に動かすわけですから「痛みが・・・・」

なんていうのが一般的な考えですね。

 

 

坐骨神経痛への発展はつらい。

腰痛だけでもかなり厄介者ですが、さらに坐骨神経痛まで発症したら・・・・まぁ~たいへんです。

坐骨神経痛って

・下肢への違和感(太もも表以外)
・しびれ・痛みが一般的
・酷くなると歩行困難
・原因は腰痛だけではない

ざっとはこんな感じですが、”しびれ”や”痛み”もつらいですが、一番は歩行困難・・・・。

神経障害の酷いものには筋力低下が起こることがあります。これが下肢で発生すると”足を前に出すことがむずかしくなる”ことや”踏ん張りも効かなくなる”など、正直かなり深刻で普段の生活にも支障が出るレベルになってきます。

 

 

ギックリ腰なんて最悪。

慢性腰痛の延長にあると思っていただいていい”ギックリ腰”
ある日当然に襲ってくる恐ろしい痛みですが、そこに至るまでは筋肉に疲労とストレスが日々蓄積し何気ないちょっとした動きがキッカケで一線を越えることで発症することが多いですね。

解りやすくいいますと
グラスに水を入れ、その中にコインを一枚ずつ入れていくゲームみたいな感じです。(コインが疲労やストレス)表面張力ギリギリはOKですが、次の一枚で・・・・・・・。まぁ~最悪って感じです。

 

 

ヒザ・股関節と深い関係。

まずはヒザですが、これは腰痛というより腰椎の前湾に関係してきます。

通常、腰(腰椎)は身体を横から見ると腰が反っているのですが(このことを前湾といいます)この前湾がなんらかの原因できつくなってきてしまうとヒザに負担が非常にかかるため痛みが出てしまうケース(反張膝といってヒザが反ってしまうこと)は多々あります。

ちなみに腰椎の前湾がきつくなると腰痛にもなりやすくなってきます。

 

股関節は腰との共通の筋肉である”腸腰筋”があります。

腰痛の発症が元で股関節痛
股関節の痛みから腰の違和感

なんてことも少なくありません。

 

 

骨盤のゆがみから。

ご存知のとおり、骨盤のゆがみは全身へ悪い影響を与えてくるのですが、もちろんのこと腰痛との関係はとっても深くなってきます。

というより、骨盤まわりの筋肉の緊張は腰痛とは切っても切れない関係ができています。殿部の筋肉は腸骨に付着しています。これと同じように腰部の筋肉のいくつかは腸骨に付着しています。

そのため、腸骨を介して腰の筋肉と殿部の筋肉が引っ張ったり引っ張られたりと共の関係し影響が大きいですね。

 

 

立っている方が楽。

よく聞く話になるのですが、腰痛持ちの方、とくに”ギックリ腰”のときなんかは立っている時の方が座っているときより、まだマシなことが多いということ。

なぜかといいますと!
立っている時は上半身の負担を一度、腰(腸腰関節)で受け止めた後、骨盤を介して両足に負担を分散するのですが、座っている時は立っている時のように両足に分散できずに腰(腸腰関節)ですべて受け止めることになるので、腰痛持ちの方はつらくなってきます。

 

 

腹筋っていうけど?

これもよく聞く話になるんですけど

「腹筋をやると腰痛が楽になる!」

間違えではないのですが、ちょっと勘違いしている方もいるので補足までに

腰が痛いときに腹筋をやると悪化します。
というより、腰が痛いときに腹筋なんかはできません。

腹筋を鍛えることで腰痛になりにくいだけですから勘違いしないでください。あくまでも腰痛予防になるということですので気をつけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です