寝つきも悪くなる。足のむくみ・ダルサ

だれでもが一度ぐらいは経験があるかとは思う”足のむくみ・ダルサ”

足がダル過ぎて夜に全然寝付けないとか、
女性に多く見られるのが、夕方になると”足がむくむ”など足のトラブルって結構たくさんあります。

仕事上でずっと立ちっぱなし尚且つあまり移動しない方。またはまるっきり逆のことなんですが、一日中座りっぱなしでのデスクワークやパソコン業務の方も”足のむくみ・ダルサ”のような問題を抱えている人は多くいると思います。

めちゃくちゃ深刻というわけではないんですが、非常に気分が悪いものが「足のダルサ」「足のむくみ」になってきます。

 

 

なにが原因?

では、どうして”足のむくみ・ダルサ”が発生するかというと、一番は血行不良が問題になってきます。

血液は心臓から送り出されるときに「酸素」「栄養分」を体中に運んでいき、帰りは手ぶらで心臓に帰ってくるのではなく筋肉などに溜まっている「疲労物質」「老廃物」を回収してくるという働きがあります。

この働きが低下すれば足に「疲労物質」が溜まれば”足がダルく”なりますし、血液が流れなければ”足はむくん”できてしまいます。

 

「むくみ」の原因はリンパ液の流れが悪くなる場合も起こります。

血液による”むくみ”

朝は良くて夕方にかけて症状が酷くなり、お風呂に入って改善

 

リンパ液による”むくみ”

日中の変化はなく、一日中ずっと”むくみ”がある

 

 

むくみ・ダルサの改善

では、ど~やって”足のむくみ・ダルサ”を改善させていくかといいますと!

ヒザの裏になるんですが、特に内側このあたりは静脈とリンパ管が走っている場所で、このあたりの筋肉が緊張することが原因で”足のむくみ・ダルサ”が発生するケースが多くあります。

お風呂などで体操座りしているときに自分でマッサージするのも良いでしょう。

下の図の赤い丸で示している部分が大体の位置です。

そ径部、これもヒザ裏と同じように静脈とリンパ管が走っていますので、お風呂で同じようにマッサージしてみてください。

押さえる場所になりますが、下の図の赤い丸の部分ををちょっと強めに押してみてください。脈を打っているところが正解なのでそのあたりをやさしくマッサージしてくださいね。

 

寝るときにクッションなどを利用して足を高くして寝る。
これはよく聞く話かもしれませんが、足に溜まった血液、リンパ液を流してあげるということを目的にしています。

 

以上のような感じで基本的には血流を良くしてあげることが一番ですね。

①、②にしても自分で手が届きます。お風呂で湯船に浸かりながらできるマッサージですので、是非やってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です