骨折が直ったあとも・・・ 50代男性 腰痛・肩こり

もうかれこれ30年以上の間、”腰痛”に悩まされているというこちらの男性。知人から話を聞いてお越しいただきました。

もちろん腰痛もなんですが、今回お時間を作っていただいたのは1週間ほど前から右の首・肩のあたりに痛みがあり首を動かすことでツッパリ感があるということです。

30年もの間、腰が痛むということでイロイロなところに行かれたのですが、なかなか良い結果はでてないということです・・・。

 

お話を伺ったところでの気になった点

 

仕事は基本デスクワーク

”腰痛”というか腰に負担の掛かってくる一番の姿勢は”座っていること”です。もちろん重たいものを持ったりすることで大きな負担が腰に掛かることも間違いではありませんが、立っている時よりも座っているときのほうが腰への負担は大きくなってきます。

 

趣味は”パチンコ・麻雀・ゴルフ”

パチンコ・麻雀はデスクワークと同じように腰には負担が掛かってきます。
またゴルフなんですが、野球やテニスも同じことになるんですが身体をひねる運動が多い!しかもゴルフの場合は必ず同じ方向で野球なんかと比べても回数がハンパないため腰への負担は大きくなってきます。

 

子供のころに足を骨折

この骨折というのが身体に与えている影響が大きく思われます。というより間違えなく大きいです。で、足の骨折の場所というのが”大腿骨”(太ももの骨)で人間の骨の中でもかなり大きな骨になってきています。

この”大腿骨の骨折”が原因なんですが足の長さがかなり違います。

 

ざっと見ても3センチ以上

足の長さの違いは身体のバランスを崩してくる大きな要因の一つになってきます。骨盤のゆがみから来るものもありますし”肩こり・腰痛・頭痛”とイロイロな症状へと発展させてきます。

しかも3センチぐらいも違ってくれば身体に与える影響は多大なものになってきます。これは”腰痛”にしても今回の”肩・首の痛み”にしても大きく関係してきます。

 

 

 

このような情報を考慮しながら身体をチェックしてみますと”左の腰方形筋”・”右の腸腰筋・脊柱起立筋”・”右の肩甲挙筋”の動きが悪く気になってきます。

”腰痛”の原因と思われる”腰方形筋”と”腸腰筋”の関係は深く、この二つの筋肉が片側だけ緊張するのではなく左の腰方形筋・右の腸腰筋というように左右別々の筋肉が緊張することは非常によくあることですので注意したいです。

肩・首の痛みに関しては首の動きの最重要筋肉になる”肩甲挙筋”
寝違えなんかの時に傷めやすい筋肉で首の動きに制限を顕著にかけてくるのが特徴ですので”肩こり”の方などは気をつけたい筋肉の一つです。

 

今回のこの症状は大腿骨の骨折による身体のバランスが悪くなるというのが根底になるためなかなか難しいですが、できるだけ良い常態を保てるようにしていくことが最優先ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です