侮れません。ストレッチ

さぁ~~てと、みなさん”ストレッチ”はやってますか?

さほど場所も要らない
どこでも出来る
テレビを見ながらでもできちゃう

ストレッチほど身体をケアするという点において、これほどお手軽で良いものは他にはないように思います。ストレッチってただの柔軟体操を思われがちですがしっかり行えば結構な運動量になってきますのでオススメなんですが、定期的に続けるとなると結構大変になってくることが・・・。

実際、ストレッチをまめに行っている方は”趣味”ですねストレッチが!!

というより日常生活の一部になってきており寝る・食べる”と同じようなものになってきている人や毎日の習慣というかルーティーンようになりストレッチをやらないと気持ち悪く調子が悪いなんて思う人もいます。

ただ、その領域の人間になるのはさすがにちょっとむずかしいですよね・・・。
ってことを言っていてもなにも始まりませんので、時間があるときはちょっとストレッチです。

 

 

ストレッチの効果

で、改めましてですがストレッチの効果は!!

関節の可動域の改善

スポーツ時のケガ防止。あんなに重い体重の力士のケガが少ないのはストレッチによる身体の柔らかさがあるからです。
また、関節が動くということはスポーツのパフォーマンスをあげることにも繋がっていきます。

 

血液・リンパ液の流れを促進

”むくみ・冷え性”などはドンピシャで血液・リンパ液の流れに関係し影響を大きく受けてきます。
血液は身体に酸素と栄養を運んでいき、疲労物質と老廃物を回収するという働きがありますので血行不良は疲労回復に影響してきます。

 

なんかスッキリする

感覚の問題なんですが侮れないです。
先ほどの”
血液・リンパ液の流れを促進”ではないですが、ストレッチを行うことで血流が良くます。これはお風呂などで身体を温めるような効果もあり入浴後のスッキリした感じも得られるということです。

 

 

もちろんですが”肩こり・腰痛”の予防や改善なんかにも効果はあります。またストレッチは運動みたいなものですからダイエット効果もありますしなによりストレッチ後は「運動するぞ!!」って気持ちにもなりますよね!

 

 

ストレッチの注意点

ということで注意点。
ちなみにストレッチといっても大きく分けて2種類あります。一般的にみなさんが思っているストレッチというのはスタティックストレッチ(静的ストレッチ)と呼ばれています。イメージとしては筋肉をゆっくり伸ばしていき限界付近でしばらく保持する感じのストレッチになります。

 

スタティックストレッチの注意点

”このストレッチは反動などを入れてはいけません”
ゆっくりと筋肉を伸ばすストレッチになります。筋肉が伸びてるなぁ~と思える状態(若干の痛みはあるが苦痛ではない感じ)のところで20秒ぐらい保持”

これだけ!!

注意したいのは、苦痛を感じるくらい伸ばすのは逆に筋肉が収縮しようとするので効果がありません。ということで、呼吸を止めずに通常通り、息を吐くぐらいのイメージの方が良いですね。

これは一人でもできますので、ホントお手軽でおススメです。

 

 

ダイナミックストレッチ

次にスタティックストレッチ(静的ストレッチ)と同じくらいにとく行われている代表的なストレッチにダイナミックストレッチ(動的ストレッチ)というものがあります。

で、どこが違うかといいますと

スタティックストレッチ

筋肉を伸ばすとき、関節は固定して動かさず行う
あまり身体を動かさずに”ゆっくり筋肉を伸ばす”

 

ダイナミックストレッチ

筋肉を収縮させ、関節を動かしながら行う。
身体を動かしながら筋肉を伸ばす

 

ざっと説明するとこんな感じになるのですが
ダイナミックストレッチの一番代表的なものが”ラジオ体操”

日本人なら知らない人はいないと思いますが、ちょっと思い出してみてください。関節を動かしながら筋肉を伸ばしていく”というのはまさに”ラジオ体操”になってきます。

 

ダイナミックストレッチの効果

このダイナミックストレッチの効果といいますと

関節の可動域の改善
血液・リンパ液の流れ促進
スッキリできる

スタティックストレッチと同じようにこのような効果が挙げられます。そしてもう一つ!!スタティックストレッチよりも絶対的に効果が期待できるものがありまして

”身体の代謝アップ”(カロリー消費)があります。

「そりゃ~~」ラジオ体操のようにあれだけ身体を動かせばしっかりとカロリーも消費出来ますよね

ってことは

”ダイエットにも効果”があるってことになります。

夏休みの朝なんかに公園にみんなで集まってラジオ体操していたことが懐かしいですが。 正直なところ効果はバツグンだったんですよ。何十年も続けられている意味はあるんですね!!

毎朝のラジオ体操は健康とダイエットへの近道ですよ!!!

 

ちなみに、ダイナミックストレッチで有名なものをもうひとつ!

”マエケン体操”

”肩こり”にも効きますから是非是非!

 

 

PNFストレッチ

スタティックストレッチにしてもダイナミックストレッチにしても実際経験したことがあるストレッチになってくると思いますが、ここで紹介する”PNFストレッチ”はちょっと特殊な感じで自分ひとりで行うことは難しくなってきます。

が、効果は絶大になってきます!

 

PNFストレッチのメリット

手の届かない筋肉へのアプローチ

深部にある筋肉にアプローチするのにはかなり良いですね。
身体の深部にある筋肉は直接触診するのが難しく、ストレッチという方法をとるしかないときもあるのですが、そんなときにPNFストレッチングは非常に成果が出せます

 

動かすと痛みが強いとき

寝違え・ギックリ腰などの関節の可動域が著しく低下し筋肉自体の圧痛が強いときなどは役立ちます

 

効果が大きい

ほかのストレッチと比べても断然に効果が大きい

 

と、このようなメリットがあります。
ここだけを見るとPNFストレッチさえやっていれば良いような気がしてくるんですが、このストレッチには大きなデメリットがありまして・・・。

一人で行うのはむずかしい・・・

補助してくれる人がいないとかなり行いにくくなってきます。

 

PNFストレッチとは

PNF(Proprioceptive Neuro muscular Facilitation)
固有受容器神経筋促通法を利用したストレッチになります。

「はぁ~~~~~?」って感じに思う方ばかりだと思います。
で、ざっくりと説明しますと!

伸ばしたい筋肉に「ガッと!」力を入れてあげると
その筋肉が緩みやすい!!

という筋肉の特徴を利用したストレッチになってきます。

わかりやすく”ハムストリングス”(太もものウラの筋肉)で紹介しますと

PNFストレッチの行い方

・仰向けに寝て。ストリッチかけたい足を挙げる
・補助の人は①、ストレッチかけられる人は②の方向に力を入れる(このとき、全力の6,7割ぐらいに力で②の方向に力を入れ、補助の人はその足の位置で耐える感じで10秒
・この後、ゆっくりストレッチ(これを5セット)

 

このストレッチ、力を入れたときに痛みが出るようならば力を緩めても効果はありますので、ギックリ腰などで筋挫傷を起こしている場合でも筋肉を傷めることなく柔軟性を持たせ関節の可動域を改善させることが出来ますので大変便利です。

ただ、何度も言いますが一人ではやりにくいのが難点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です