あららの”ギックリ腰” 50代女性 ギックリ腰

”ギックリ腰”・・・。

”魔女の一撃”なんてヨーロッパでは言われるほどに腰に恐ろしい痛みを感じることが多いうえにキッカケといえるものはさほどなく不意に襲ってくるので始末が悪いです。

何気ない日常を送っている最中にホント些細なことをした瞬間に痛みが現れ、あれよあれよという間に身体の動きに制限がかかってきてしまい酷いときには歩くことも困難になってしまうこともあるのでホント怖いです。

それでこちらの女性、いつもは1ヶ月に2回ほどお時間を作っていただき”身体のメンテナンス”をさせていただいています。このようなスパンでお越しいただいてからは”ギックリ腰”になることはなかったのですが、ここ1ヶ月あまりはプライベートが忙しくお越しいただくことが出来ていない最中に”ギックリ腰”に襲われました・・・・。

プライベートが忙しいということはいつも以上に身体への負担が大きく疲れていたんでしょうね。正直なところ忙しいときほど身体のメンテナンスが必要なんですけど・・・。難しいところです。

ですが、今回はさほど酷い感じでなかったのが幸いです。

”ギックリ腰”は腰まわりの筋肉が筋挫傷をおこし炎症が出ている場合が多いので処置の仕方を誤ると痛みが酷くなり大変なことになることもあるので注意が必要になってきます。

 

今回の施術は

最近は結構歩いたということで殿部から下肢の緊張が大きく見られます。とくに殿部の筋肉は緊張感が強く股関節の可動域の減少が・・・。
殿部の筋肉の緊張は仙腸関節の動きを悪くしてくる傾向にあり腰痛(ギックリ腰)にも大きく影響してきます。

ということで殿部から下肢の動きをとることを中心に施術を行った結果!

「たいぶ身体を動かすのが楽になった」とおっしゃって帰られました。

”ギックリ腰”ように急性時の症状の場合は対応を間違えてしまうとエライことです。基本的には患部を冷やすというのが定番になってきていますが、ボク自身は温めてもいいと思います。ただ、患部を温めている最中に傷みが酷くなる場合は即座に止めて冷やしてくださいね!!

ここのさじ加減がホント難しいですけどね!!

 

 

ギックリ腰

このような”ギックリ腰”でお困りの方は連絡いただければと思います。
予約は”お電話”また24時間対応の”ネット予約・line予約”が便利になります。

予約の詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です