腰痛・肩こり・頭痛でお悩みの方は愛知県西尾市の心整体室へ

メディカルセラピー 心整体室
トップ 施術の流れ 使用する技術 料金 問い合わせ
メニュー
トップ
施術の流れ
当院で使用する技術
体の基礎知識
応急処置
ストレッチ
肩こり
腰痛
肩こり坐骨神経痛
頭痛
天気痛
ねこ背
内臓からの痛み
骨盤のゆがみ
手足のシビレ
腱鞘炎
四十肩 五十肩
ゲルマニウム温浴
メニュー・料金
よくあるご質問
店舗案内
スタッフ紹介
お問合せ
リンク
ちょっと雑学
LINE予約
ねこ背
ねこ背

ねこ背

 多くの方が姿勢については悩みをもたれていると思われます。

実際に僕も街中でガラスや鏡に映る自分の姿を見て落胆し姿勢を正すことは幾度となくあります。

確かに、ねこ背というのは見た目にも良いとはいえません。
肩が内側に入ってしまい背中は丸くなり顔、あごが前に出てしまい、実年齢よりも上に見られてしまうことも多々あります。

しかし、ねこ背は見た目以上に深刻なのが体に与える影響です。

例えを挙げればキリがないですが、その中のいくつかを紹介していきます。
ねこ背による症状
ねこ背からくる体の異常

ねこ背

というのは右の図にあるように

「背中が丸まり」
「顔・アゴが前に出てしまい」
「肩が前方に巻き込むようになる」
こんなような姿勢のことを言います。

全体的に見れば骨盤(仙骨)・頚椎・腰椎の傾斜が変化したりもしています。

図を見ていただけばわかるように、こんな姿勢では絶対にあちらこちらが痛くなるのは間違いないですよね。

首・肩の痛み、頭痛


ねこ背により顔・あごが前に出てしまうことで、後頚部・背部の筋肉の緊張による首の痛み、肩こり、筋緊張性頭痛

腰痛


ねこ背による胸椎の後湾が増加することにより、骨盤(仙骨)の後傾が強くなり、それにともない腰椎の前湾減少による腰痛

ひざの痛み


ねこ背による胸椎の後湾が増加することにより,骨盤の後傾が増進するためのひざの痛み

胃腸などに悪影響


ねこ背により上半身の屈曲が原因で内臓(胃腸)の圧迫による機能低下

上肢のしびれ


ねこ背により肩関節が内側に入ることにより、血行不良・神経圧迫でのしびれ(胸郭出口症候群)
ねこ背の改善には

ねこ背の改善方法

、結構手ごわいところです。イロイロなサイトにさまざまな方法が載せられていますが、僕なりに気になり、こういうのがいいんじゃないかと思うものをいくつか紹介していきます。

まずは、

正しい姿勢の保ち方

なんですが、

よく言われる姿勢を正すというのは

「お腹に力を入れ」


「胸をハリ」


「あごを引く」



たしかにこの姿勢は正しく良い姿勢ではありますが、いかんせん、長時間この姿勢を保つのはかなり困難で、すぐに「体が丸くなり、ねこ背」になってしまうことが多く思われます。

そこで、立っているときの重心をいつもより、若干かかとよりに移してみてください。そうすれば、自然に上半身が起き上がってきます。

どうしても、ねこ背の方は重心が前方にある場合が多く、そのため前かがみ気味の姿勢になってしまいます。重心を後ろ(かかと側)に持っていくことで上半身を起き上がらせることができます。

ねこ背を直すためにいろいろするよりも、まずは重心をかかと側に移し体を起こすように心がけましょう。


つぎに、いくら正しい姿勢をとろうと思ってもまわりの筋肉の影響でねこ背になってしまう方へどんな筋肉がどのような影響をあたえているか、すこし紹介してみます。


胸鎖乳突筋

ねこ背

胸鎖乳突筋

が緊張してしまうことによって顔(アゴ)が前方に出てしまう姿勢になることが多くみられます。

しかも、この筋肉が過緊張することで「頭痛」特に目の周り、あごの付け根から側頭部への痛みがあります。
また寝違いのように「頭部の可動域の軽減」などの症状が発生することがあるけっこうやっかいな筋肉です。

僕の経験から言うと、小柄な女性が胸鎖乳突筋を緊張させることが多く思われます。

おそらく、車の運転時に前方が見にくいため顔を前に出して運転される方は小柄な女性に多く見られるからだと思います。


小胸筋・肩甲下筋・前鋸筋



この3つのような筋肉が緊張することによって、肩関節が内旋(肩が内側に入ること)がおこりやすくなります。


ねこ背


小胸筋

の緊張でよくある症状としてあげられるのは「胸郭出口症候群」があります。

小胸筋の下側を血管(鎖骨下動静脈)、神経(腕神経叢)が鎖骨を沿って上肢に向かって走っており、小胸筋が緊張することにより圧迫してしまい上肢に「しびれ」「冷え」等を引き起こします。






ねこ背


肩甲下筋

、この筋肉が起こす問題として一番やっかいなのが「四十肩・五十肩」です。

肩甲下筋の緊張が強くなると肩関節の内旋が悪化します。
これに伴い肩関節内でインピジメント(関節内で腱、関節包に圧力がかかること。)が起こりひどい痛みを発症させます。

次に、肩関節の可動域ですが内旋が強くなるということで、手を背中に回しにくくなるという症状も現れてきます。



ねこ背


前鋸筋

、右の図を見ていただいてもちょっとわかりにくいかも知れませんが、この筋が緊張すると肩甲骨を前方に引き出され、「小胸筋等」と同じように肩関節の内旋させます。

そしてこの筋肉が問題を起こす例としてはなんらかの原因がもとで麻痺がおこり肩甲骨の内側が浮き上がってきてしまう「翼状肩甲骨」というものがあります。

乳幼児にはたまに見られる症状ですが、成人の方が発症する場合はなにかしらの神経障害の可能性もありますので専門医に相談していただくことをおすすめします。



このあたりの筋肉のバランスをみながら調整していくことによりきれいな姿勢を保ちやすくなります。
しかしこれだけでが全てではなく骨盤の傾斜なども大きく影響してきますので、意専門家の方と相談しながら体の調整をしていくことをお勧めします。
メディカルセラピー 心整体室 愛知県西尾市寄住町若宮11番地 ウェアーハウス1F イイワココロ Tel 0563-54-1856 【受付時間】午前9:00〜午後8:00(予約優先) 【休診日】 不定休 【駐車場】 有ります 地図
地図詳細はこちら

Copyright (C) 2006 心整体室 All rights reserved.