腰痛・肩こり・頭痛でお悩みの方は愛知県西尾市の心整体室へ

メディカルセラピー 心整体室
トップ 施術の流れ 使用する技術 料金 問い合わせ
メニュー
トップ
施術の流れ
当院で使用する技術
体の基礎知識
応急処置
ストレッチ
肩こり
腰痛
坐骨神経痛
頭痛
天気痛
ねこ背
内臓からの痛み
骨盤のゆがみ
手足のシビレ
腱鞘炎
四十肩 五十肩
ゲルマニウム温浴
メニュー・料金
よくあるご質問
店舗案内
スタッフ紹介
お問合せ
リンク
ちょっと雑学
LINE予約
手足のシビレ
手足のシビレと聞くと、なんとなく怖いイメージがあります。

確かに、脳梗塞・脳腫瘍などの脳に異常がある場合の手足のシビレは生命の危険が伴うということもあります。
また、生活習慣病の一つである糖尿病(原因は末端部の血管が破壊されることによる)が原因になって手足のシビレが発症するケースもありますので注意が必要です。

しかし、このようなもの以外にも筋骨格系の問題により手足にシビレを起こすことはいくつかあります。
血行不良によるシビレ
一つは、血行不良によるシビレです。

この場合の特徴は上肢にしても下肢にしても、血流が悪くなっているところより末端部にかけて全体的にシビレが出るということが特徴です。
(例えば、ヒザに問題があればヒザから下に、手首に問題があれば手首より下にというようにシビレは発生します)

特に末端部(指先)などはシビレの症状が大きく感じ取れることが多くあります。

長時間、正座をしていたときなどに起きるシビレは、この血行不良が原因のことになります。
神経的なシビレ
つぎに、神経的に問題がある場合になりますが、こちらは血行不良のときとは異なりシビレの症状は局所的な範囲に現れることが特徴になってきます。

脊柱に問題がある場合(代表的な例は頚部、腰部におこるヘルニアです。)などは頭部に近ければ近いほど症状の出る範囲が広くなる可能性があります。稀ではありますが、頚部のヘルニアが原因になって、上肢だけではなく下肢へも影響が出ることもあります。
(右の図は皮膚分節といい脊柱での神経圧迫による症状の出る範囲を表しています)

しかし、腰部のヘルニアが原因で上肢に症状が出ることはありません。

また、ヘルニアによるシビレなどは、両側に出る(例えば、左右の上肢が同時にシビレが出ること)のは非常に少ないです。(というよりほとんどありません。)


つぎに、神経が脊柱から出てきてから圧迫などの問題が起こってくる場合です。(手根管症候群・梨状筋症候群など)

この場合も、シビレの症状は局所的に表れることが特徴になります。

例えば、肘をぶつけたときなどに指先がしびれる事がありますが、あれは、指のシビレは全体的ではなく薬指と小指がしびれているのです。
なぜかというと、薬指、小指を支配している神経(尺骨神経)がちょうど肘の内側辺りを通っているため、そのあたりに刺激が加えられることにより指全体ではなく、尺骨神経が支配している2本の指にシビレが出るということです。
筋膜等によるシビレ
つぎにですが、筋膜などが原因でおこるシビレについてです。

この場合で一番多くあると思われるのは癒着です。
筋膜の癒着というのは長時間同じ姿勢をとったりすることで起こることで、痛みや違和感、シビレなどを引き起こすことがあります。

また、トリガーポイント(筋膜のしこり)の発生によってもシビレが出ることもあります。
メディカルセラピー 心整体室 愛知県西尾市寄住町若宮11番地 ウェアーハウス1F イイワココロ Tel 0563-54-1856 【受付時間】午前9:00〜午後8:00(予約優先) 【休診日】 不定休 【駐車場】 有ります 地図
地図詳細はこちら

Copyright (C) 2006 心整体室 All rights reserved.