腰痛・肩こり・頭痛でお悩みの方は愛知県西尾市の心整体室へ

メディカルセラピー 心整体室
トップ 施術の流れ 使用する技術 料金 問い合わせ
メニュー
トップ
施術の流れ
当院で使用する技術
体の基礎知識
応急処置
ストレッチ
肩こり
腰痛
坐骨神経痛
頭痛
天気痛
ねこ背
内臓からの痛み
骨盤のゆがみ
手足のシビレ
腱鞘炎
四十肩 五十肩
ゲルマニウム温浴
メニュー・料金
よくあるご質問
店舗案内
スタッフ紹介
お問合せ
リンク
LINE予約
四十肩・五十肩

四十肩・五十肩

、一般的には、肩関節の可動域の低下に伴う痛みの発生で、おもに40代・50代の方に多く見られるので、四十肩・五十肩という名称で呼ばれることが多いと思われます。

四十肩 五十肩 特徴的な症状としては、基本上肢を動かさなければそれほど大きな痛みはなく(重度になると冷えなどによって、肘周辺まで痛みが広がることもあります。)
肩関節がある可動域を超えると肩関節の中で大きな痛みを感じることが多くあります。

しかも、上肢を前に挙げる(肩関節の屈曲)ときではなく、横に挙げる時(肩関節の外転)に痛みが発生します。また、上肢を背中に回すこと(肩関節の伸展+内旋)もかなり困難かつ痛みが発生することも多くあります。

症状には重度から軽度までさまざまありますので、これがすべてというわけではありませんが、一般的な症状としてはこのような感じになります。

※肩関節は可動域が大きいということで、非常に複雑な構造のため、さまざまな症状が現れる可能性もあります。
四十肩・五十肩の原因
四十肩・五十肩の原因にはイロイロな原因がありますが、代表的なものをいくつか紹介してみます。

四十肩 五十肩 まず、関節の周辺には関節包といわれるものが存在しています。
これは、人間のほとんどの関節にあるもので、もちろん肩関節にも存在し、この関節包のなかには滑液と呼ばれる関節の動きをスムーズにするための液が入っており、この関節包がなんらかの原因で炎症が起こり肩関節に痛みを発生させています。


次に、肩関節の周りを取りまく筋肉の付着部、または靭帯の石灰化がおこるおともあり、やはり肩関節の動きに伴い痛みを発生させます。


三つ目は、肩関節周辺にあるインナーマッスルの過緊張により関節内でおこるインピンジメント(衝突)が原因で痛みが発生します。
肩関節には、もともとすき間がなければいけません(すき間があることでスムーズな関節の動きを可能にしています。)しかし、まわりの筋肉がギュット緊張してしまうことで、そのすき間の幅が狭くなってしまい動かしたときに関節内でインピジメント(衝突)がおこり痛みが発生するということです。

近年、投てき競技における肩のインナーマッスル(ローテーターカフ)をトレーニングすることにより、より高いパフォーマンスが可能になると言われてきていますが、このローテーターカフのトレーニングのしすぎでおこる障害もこれによく似ています。

※ローテーターカフ(棘上筋・棘下筋・肩甲下筋・小円筋)は肩関節の安定に非常に重要な筋肉です。

四十肩・五十肩の対処法
四十肩・五十肩の対処法としては、初期の痛みの強いときはおそらく炎症が発生している場合が考えられますので、肩関節の運動は避け(動かすことで炎症がひどくなり痛みが増すことがあるので)冷シップ等で冷やしておくことで痛みを落ち着かせることができます。

中後期、炎症や痛みを落ち着いてきたころから、肩周辺の筋肉の緊張を和らげるためにもあたためてください。そして痛みが出ない範囲で肩の関節を動かすことをおすすめします。
自動的(本人が自分で動かすこと)・他動的(本人以外のなにものかに動かしてもらうこと)に関わらず、肩関節の可動域の改善には非常に効果的です。

また、痛いということで肩関節を動かさないと可動域の減少などの症状悪化が見られることも多くありますので痛みが落ち着いてきましたら運動することを心がけてください。
メディカルセラピー 心整体室 愛知県西尾市寄住町若宮11番地 ウェアーハウス1F イイワココロ Tel 0563-54-1856 【受付時間】午前9:00〜午後8:00(予約優先) 【休診日】 不定休 【駐車場】 有ります 地図
地図詳細はこちら

Copyright (C) 2006 心整体室 All rights reserved.