腰痛・肩こり・頭痛でお悩みの方は愛知県西尾市の心整体室へ

メディカルセラピー 心整体室
トップ 施術の流れ 使用する技術 料金 問い合わせ
メニュー
トップ
施術の流れ
当院で使用する技術
体の基礎知識
応急処置
ストレッチ
肩こり
腰痛
坐骨神経痛
頭痛
天気痛
ねこ背
内臓からの痛み
骨盤のゆがみ
手足のシビレ
腱鞘炎
四十肩 五十肩
ゲルマニウム温浴
メニュー・料金
よくあるご質問
店舗案内
スタッフ紹介
お問合せ
リンク
ちょっと雑学
LINE予約
腰痛
つら〜い腰の痛み

腰痛

には人間の半分以上が悩まされているといわれています。

しかし、私たち2足歩行の動物にとって腰痛とはきってもきれない関係にあります。
上半身と下半身の接合部になる腰は体幹を動かすとき(体をひねる、後ろに反る、など)には、必ず腰を中心にして体を動かすことになります。

しかも、立っていても座っていても、いつも負担がかかってしまう場所ですから、実際に痛みが出てもおかしくありません。


慢性腰痛
腰痛といっても原因は数多くあります。
その中でもよく耳にする

慢性腰痛

があると思いますが、慢性腰痛の一番の原因は腹筋の筋力低下によるものともいわれています。

人間というのは、背骨をはさんで表側に腹筋、裏側に腰部の様々な筋肉で構成されています。
これらの筋肉が、背骨を表と裏からはさみ合うことによって安定させ立ったり座ったりという感じに姿勢を保っています。


しかし、表側の腹筋が低下してしまうと姿勢を保つことが困難になってきます。そうなると裏側にある腰まわりの筋肉が普段以上に働くことになり筋肉疲労が起きやすくなるという訳です。

私たちが生活していくうえで立ったり座ったりと自分ではあまり気にはしていませんが、姿勢を保つということは常に働いていると思ってまちがいありません。

そう、今あなたが座っているその時も、姿勢を保つためにイロイロな筋肉が働いているんです。


腹筋

腹筋の筋力が低下してしまう



姿勢が保ちにくくなる



でも姿勢を保たなければならない




ということは腹筋以外の筋肉(腰部の筋肉)が腹筋の働きを補わなければなりません。そうすれば腰部への負担が多くなり疲労もたまりやすくなり、違和感、痛み等が発生しやすくなるのです。
このような流れで腰痛が起きることも少なくありません。

ですが、腹筋を鍛えることで腰痛がなくなると思い過度のトレーニングが原因で逆に腰を痛めることもありますので、腹筋のトレーニングは腰痛の改善というより、腰痛の予防と思っていただいたほうがよろしいでしょう。
その辺りは、専門家に相談してください。
ぎっくり腰
ぎっくり腰

ぎっくり腰

とは一般的には突然起こる腰部への痛みのことをいい、症状の度合いのもよりますが酷いものでは歩行も困難になる場合もあります。

原因には様々あり、腰部の捻挫、腰周りの筋肉が損傷などがあります。
ほとんどの場合は痛みの発生した部位に原因があり炎症が発生しますので、とりあえずは冷湿布等で患部を冷やすことが先決なります。
この行為をおこたると炎症が広がり痛みが悪化する場合もありますので十分に注意してください。


次に、なぜぎっくり腰が起こるのかというと、ぎっくり腰は慢性腰痛の延長にあることが多いといわれています。
いつも、腰に違和感を感じている方がささいな動作(靴をはこうと座ったときや体を伸ばして物を取ろうとしたときなどで、決して腰に大きな力が入ったときというわけではありません。)で、スイッチが入ったように痛みを出すこともあります。

また、人にはいろいろな癖や仕事の内容などで負担のかかる部位がどーしても出てきてしまいます。それが慢性腰痛になり時にはぎっくり腰のような大きな痛みに変わるケースも少なくありません。
特に、ぎっくり腰は一度なってしまうと反復することもありますので、定期的に腰部のケアーをすることをおすすめします。

毎日、腰が重いなーとガマンしているとぎっくり腰は突然おそってきます。生活に支障がでるぎっくり腰を何度も見ていますのでケアーだけはしっかりしてくださいね。
メディカルセラピー 心整体室 愛知県西尾市寄住町若宮11番地 ウェアーハウス1F イイワココロ Tel 0563-54-1856 【受付時間】午前9:00〜午後8:00(予約優先) 【休診日】 不定休 【駐車場】 有ります 地図
地図詳細はこちら

Copyright (C) 2006 心整体室 All rights reserved.