腰痛・肩こり・頭痛でお悩みの方は愛知県西尾市の心整体室へ

メディカルセラピー 心整体室
トップ 施術の流れ 使用する技術 料金 問い合わせ
メニュー
トップ
施術の流れ
当院で使用する技術
体の基礎知識
応急処置
ストレッチ
肩こり
腰痛
坐骨神経痛
頭痛
天気痛
ねこ背
内臓からの痛み
骨盤のゆがみ
手足のシビレ
腱鞘炎
四十肩 五十肩
ゲルマニウム温浴
メニュー・料金
よくあるご質問
店舗案内
スタッフ紹介
お問合せ
リンク
ちょっと雑学
LINE予約
坐骨神経痛
坐骨神経痛

坐骨神経痛

とは、腰部等(下部腰椎〜仙骨)から出ている神経がなんらかの原因でおこる神経的な症状(痛み、しびれ、ツッパリ感、筋力低下など)のことをいい、原因となりうることは様々あります。

主な症状といえば、右の図に示したように殿部(おしり)から下肢後面、ふくらはぎ、スネなどに痛み、しびれ、違和感などが発症します。

また、腰椎間板ヘルニア等の腰部に原因がある場合は腰痛をともなう場合もあります。


原因としてあげられるものとしては、椎間板ヘルニア、脊椎すべり症、梨状筋症候群などが挙げられます。
腰椎椎間板ヘルニア
椎間板ヘルニア 腰部での椎間板ヘルニアの発症場所は、ほとんどの場合 第4・第5腰椎間、又は第5腰椎・仙骨間で発症します。

症状の度合いにもよりますが、坐骨神経痛(下肢への痺れ、痛み、筋力低下)の症状は顕著に現れます。腰部への痛みに関しては、必ずあるというものでもないので注意が必要です。

症状がひどくなるますと、下肢の筋力低下により歩行が困難になることもあり排便、排尿障害の恐れがありますので注意が必要です。
脊椎すべり症
脊椎すべり症 脊椎すべり症とは、椎骨(腰椎)が前下方にすべるように移動してしまう症状で、原因としては先天的な奇形によるものと、疲労等(腰部の反る運動)が原因で椎骨の骨折(分離症)によるものが大半であります。

発症場所は、第5腰椎が9割ほどを占めます。

脊椎すべり症も、椎間板ヘルニアと同様に、必ずしも腰の痛みを伴うとは限りません。

特長としては、腰部の伸展(腰を反る運動)による症状の悪化が見られます。
梨状筋症候群
梨状筋 あまり聞くことがない名前かも知れませんが、坐骨神経痛の原因としては非常に多く見られるものです。
梨状筋自体は、骨盤(仙骨と腸骨)と股関節の2つの関節をまたいで付着しているので非常に緊張しやすい筋肉の1つであります。

原因としては、梨状筋の緊張(長時間の座、骨盤のゆがみによる下肢長差などが原因)や、しりもちをついた等で、でん部(おしり)の筋肉に炎症が発生し、その炎症が坐骨神経に移り症状が出る場合などがあります。

梨状筋症候群は女性に多く、股関節に動きの制限や痛みを出すことがよくあります。
メディカルセラピー 心整体室 愛知県西尾市寄住町若宮11番地 ウェアーハウス1F イイワココロ Tel 0563-54-1856 【受付時間】午前9:00〜午後8:00(予約優先) 【休診日】 不定休 【駐車場】 有ります 地図
地図詳細はこちら

Copyright (C) 2006 心整体室 All rights reserved.