下肢の筋肉ガイド

大殿筋(だいでんきん)

【働き】
股関節の伸展。
(足を反り挙げる)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・腸骨、仙骨、尾骨、脊柱起立筋腱膜、仙結節靭帯、中殿筋の腱膜
停止・・・腸脛靭帯、殿筋粗面

【神経支配】
下殿神経L5~S2

【大殿筋とは】
殿部の筋肉の中では最も大きく、かつ一番表層面に位置しているのが大殿筋になってきます。
この筋肉を鍛えることでヒップアップが望めますのでイロイロと気を付けたいところです。が、大殿筋のトレーニングはウォーキングなどでは難しく、もう少し負荷の高い動きである階段の上り下りなどが有効とされています。

【関連筋肉】
ー股関節の伸展筋ー
大腿二頭筋
大内転筋
半膜様筋

ー股関節の外転筋ー
中殿筋
大腿筋膜張筋
小殿筋

ー股関節の外旋筋ー
大腿方形筋
内閉鎖筋
中殿筋


中殿筋(ちゅうでんきん)

【働き】
股関節の外転、外旋時伸展、内旋時屈曲。股関節の安定化。
(股を開く、つま先を外に向けながら股関節を反る、つま先を内に向けながら股関節を曲げる)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・腸骨稜、殿筋腱膜
停止・・・大転子

【神経支配】
上殿神経(下枝)L4~S1

【中殿筋とは】
数ある殿筋の中でも股関節の安定化という部分では大きな働きをしています。
年配の方が身体を大きく左右に揺らしながら歩行する原因のひとつには、中殿筋が弱くなっていることが挙げられます。

また、中殿筋付近には坐骨神経が通っているために、この筋肉の異常は坐骨神経痛発生の原因としてもかなり関係してきています。

【関連筋肉】
ー股関節の外転筋ー
大殿筋
大腿筋膜張筋
小殿筋

ー股関節の外旋筋ー
大殿筋
大腿方形筋
内閉鎖筋

ー股関節の内旋筋ー
小殿筋
大内転筋


小殿筋(しょうでんきん)

【働き】
股関節の外転、内旋
(股を開く、つま先を内に向ける

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・腸骨
停止・・・大転子

【神経支配】
上殿神経(上枝)L4~S1

【小殿筋とは】
小という文字が付くくらいですから、殿筋の中では比較的小さい筋肉になってきます。中殿筋と同じように股を開くような運動になってきていますが、やはり、筋肉量が少ないために補助的に役割になってきています。

【関連筋肉】
ー股関節の外転筋ー
中殿筋
大殿筋
大腿筋膜張筋

ー股関節の内旋筋ー
中殿筋
大内転筋


深層外旋六筋

梨状筋(りじょうきん)

【働き】
股関節の外旋。
(つま先を外に向ける)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・前仙骨孔周辺
停止・・・大転子

【神経支配】
脊髄神経(梨状筋への神経)S1~S2

【梨状筋とは】
言わずと知れた、梨状筋症候群の原因になってきます。この筋肉に負担がかかるものとしては長時間のデスクワーク。というより長い時間座っていることで梨状筋は緊張しやすくなってきていますので、長時間の車の運転なども気を付けなければいけません。

【関連筋肉】
ー股関節の外旋筋ー
大殿筋
大腿方形筋
内閉鎖筋
中殿筋

ー深層外旋六筋の筋力ー
大腿方形筋
内閉鎖筋
梨状筋
外閉鎖筋
下双子筋
上双子筋

内閉鎖筋(ないへいさきん)

【働き】
股関節の外旋。※股関節屈曲時において外転。
(つま先を外に開く)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・坐骨及び恥骨の閉鎖膜の内面
停止・・・大転子

【神経支配】
腰仙神経叢(内閉鎖筋への神経)L5~S2

【内閉鎖筋とは】
股関節の深層に位置し深層外旋六筋の一つになってきており、大腿方形筋と並んで非常に力の強い股関節外旋運動に働いています。

ただ、深層外旋六筋は個別に判断することは非常に困難になってきます。

ー股関節の外旋筋ー
大殿筋
大腿方形筋
中殿筋

ー深層外旋六筋の筋力ー
大腿方形筋
内閉鎖筋
梨状筋
外閉鎖筋
下双子筋
上双子筋

外閉鎖筋(がいへいさきん)

【働き】
股関節の外旋。※股関節の外転、屈曲
(つま先を外に開く)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・坐骨及び恥骨の閉鎖膜の外面
停止・・・大転子

【神経支配】
閉鎖神経(後枝)L3~L4

【外閉鎖筋とは】
股関節の最も深層に位置する深層外旋六筋の一つになっていますが、股関節の外旋という点においては大腿方形筋や内閉鎖筋に比べると大きな影響力はありません。

また、深層外旋六筋は個別に判断することは非常に困難になってきます。

【関連筋肉】
ー股関節の外旋筋ー
大殿筋
大腿方形筋
内閉鎖筋
中殿筋

ー深層外旋六筋の筋力ー
大腿方形筋
内閉鎖筋
梨状筋
外閉鎖筋
下双子筋
上双子筋

上双子筋(じょうそうしきん)

【働き】
股関節の外旋。※股関節屈曲時において外転。
(つま先を外に開く)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・坐骨棘
停止・・・大転子

【神経支配】
L5~S1神経(内閉鎖筋へいく)

【上双子筋とは】
この筋肉は内閉鎖筋の腱と平行な位置している深層外旋六筋の一つになります。上双子筋は二つの双子筋の小さいほうになり欠損することも多くあります。

また、股関節の外旋においても影響力は小さくなってきています。

【関連筋肉】
ー股関節の外旋筋ー
大殿筋
大腿方形筋
内閉鎖筋
中殿筋

ー深層外旋六筋の筋力ー
大腿方形筋
内閉鎖筋
梨状筋
外閉鎖筋
下双子筋
上双子筋

下双子筋(かそうしきん)

【働き】
股関節の外旋。※股関節屈曲時において外転。
(つま先を外に開く)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・坐骨結節
停止・・・大転子

【神経支配】
L5~S1大腿方形筋への神経

【下双子筋とは】
下双子筋は深層外旋六筋の一つになり内閉鎖筋腱の下方を平行に走り、その腱と合流合体していきます。

ただ、この筋肉は股関節外旋運動に関しての貢献度は低いものになってきます。

【関連筋肉】
ー股関節の外旋筋ー
大殿筋
大腿方形筋
内閉鎖筋
中殿筋

ー深層外旋六筋の筋力ー
大腿方形筋
内閉鎖筋
梨状筋
外閉鎖筋
下双子筋
上双子筋

大腿方形筋(だいたいほうけいきん)

【働き】
股関節の外旋。
(つま先を外に開く)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・坐骨結節
停止・・・大腿骨の転子間稜

【神経支配】
L5~S1大腿方形筋への神経

【大腿方形筋とは】
この筋肉は深層外旋六筋の一つで平たく四方形をし下双子筋と大内転筋の間に位置しています。

股関節外旋という点においては内閉鎖筋とともに大きな影響力を持っている。

【関連筋肉】
ー股関節の外旋筋ー
大殿筋
内閉鎖筋
中殿筋

ー深層外旋六筋の筋力ー
大腿方形筋
内閉鎖筋
梨状筋
外閉鎖筋
下双子筋
上双子筋


大腿四頭筋(だいたいしとうきん)

大腿直筋(だいたいちょきん)

【働き】
ヒザ関節の伸展。股関節の屈曲。
(ヒザを伸ばす、股関節を曲げ)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・ASIS(上前腸骨棘)
停止・・・膝蓋骨

【神経支配】
大腿神経L2~L4

【大腿直筋とは】
大腿四頭筋の中でもっとも前方で表層面に位置しています。股関節の屈曲に関していえば腸腰筋に次ぐ働きになっていますが、ヒザ関節の伸展運動に関して言えば一番メインになって働く筋肉になってきています。

また、この筋肉の弱化または緊張はヒザに痛み、違和感を発生させることが多く発生することがあります。

【関連筋肉】
ーヒザ関節の伸展筋ー
中間広筋
外側広筋
内側広筋

ー股関節の屈曲筋ー
大腰筋
腸骨筋
大腿筋膜張筋

外側広筋(がいそくこうきん)

【働き】
ヒザ関節の伸展。
(ヒザを伸ばす)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・大転子
停止・・・膝蓋骨

【神経支配】
下腿神経L2~L4

【外側広筋とは】
大腿四頭筋の中でも最も大きく、外側に位置する筋肉で大腿直筋と大腿筋膜張筋に挟まれる感じになっています。

大腿直筋とは違い股関節の屈曲に対しては作用することはありません。

【関連筋肉】
ーヒザ関節の伸展筋ー
中間広筋
内側広筋
大腿直筋

中間広筋(ちゅうかんこうきん)

【働き】
ヒザ関節の伸展。
(ヒザを伸ばす)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・大腿骨前面
停止・・・膝蓋骨

【神経支配】
下腿神経L2~L4

【中間広筋とは】
大腿四頭筋の中で中心かつ大腿直筋の深層部に位置して、ヒザ関節の伸展時に大きな働きをしています。この筋肉は内側広筋と見わけも付きにくい上にヒザ関節まわりの小さな筋肉と同化していることもあります。

【関連筋肉】
ーヒザ関節の伸展筋ー
外側広筋
内側広筋
大腿直筋

内側広筋(ないそくこうきん)

【働き】
ヒザ関節の伸展。膝蓋骨の安定化。
(ヒザを伸ばす)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・大腿骨内側
停止・・・膝蓋骨

【神経支配】
下腿神経L2~L4

【内側広筋とは】
内側広筋は大腿四頭筋の中でも内側に位置している筋肉になってきます。この筋肉の役割の一つに膝蓋骨の安定化というのがあり、膝蓋骨の動きが悪くなるということはヒザの痛みにも大きく関係してくるところです。

また、変形性膝関節症の原因としては内側広筋が弱化してくることが多く見られます。

【関連筋肉】
ーヒザ関節の伸展筋ー
中間広筋
外側広筋
大腿直筋


縫工筋(ほうこうきん)

【働き】
股関節の屈曲、外転、外旋。ヒザ関節の屈曲
(ヒザを伸ばす)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・ASIS(上前腸骨棘)
停止・・・脛骨粗面の内側

【神経支配】
大腿神経L2~L3

【縫工筋とは】
縫工筋は人間の身体の中でも一番長い筋肉といわれています。大腿の表層面にあるのですが、脂肪が厚かったり筋肉が細いために区別することが難しくなってきています。
縫工筋の停止部には薄筋や半腱様筋が同じ様に付着しており、その形がガチョウの足に似ているため鳶足と呼ばれています。

また、薄筋の緊張はヒザの痛みの一つである鵞足炎の原因になることもあります。

ー股関節の屈曲筋ー
大腰筋
腸骨筋
大腿直筋
大腿筋膜張筋

ー股関節の外転筋ー
中殿筋
大殿筋
大腿筋膜張筋
小殿筋


内転筋群
長内転筋(ちょうないてんきん)

【働き】
股関節の内転、屈曲、外旋。
(股を閉め、股関節を曲げ、つま先を外に向ける)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・恥骨結合
停止・・・大腿骨内側中央1/3

【神経支配】
閉鎖神経(前枝)L2~L4

【長内転筋とは】
内転筋群の中ではもっとも前方に位置する筋肉になってきます。日常生活で強力な仕事を必要とされることは少ないが、歩行や特殊な動きを要するときなどにはこの筋肉がメインというわけではないですが、補助的な役割をすることは多くあります。

この筋肉は静かに立っているときなどでは比較的平静を保っています。

【関連筋肉】
ー股関節の内転筋ー
大内転筋
大殿筋
短内転筋

短内転筋(たんないてんきん)

【働き】
股関節の内転、屈曲、外旋。
(股を閉め、股関節を曲げ、つま先を外に向ける)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・恥骨
停止・・・大腿骨内側中央1/3

【神経支配】
閉鎖神経(後枝)L2~L3

【短内転筋とは】
短内転筋は恥骨筋および長内転筋の下面に位置しているため非常に触診することは困難になってきます。基本的な働きは長内転筋と同じように股関節の運動時で補助的な働きをしています。

【関連筋肉】
ー股関節の内転筋ー
大内転筋
大殿筋
長内転筋

大内転筋(だいないてんきん)

【働き】
股関節の内転、内旋。
(股を閉める、つま先を内に向ける)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・恥骨下枝、坐骨
停止・・・大腿骨内側

【神経支配】
閉鎖神経(後枝)L2~L4
坐骨神経(脛骨神経部分)L2~L4

【大内転筋とは】
内転筋群の中では最も大きく強力な筋肉になり、3個のはっきりした筋束が特徴的であります。一部の人はこの筋肉の最上部が小内転筋として認識されることも珍しくありません。

【関連筋肉】
ー股関節の内転筋ー
大殿筋
長内転筋
短内転筋

ー股関節の内旋筋ー
中殿筋
小殿筋
恥骨筋

薄筋(はっきん)

【働き】
股関節の内転。ヒザ関節の屈曲。
(股を閉める、ヒザを曲がる)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・恥骨下枝、坐骨枝
停止・・・脛骨粗面内側

【神経支配】
閉鎖神経(前枝)L2~L4

【薄筋とは】
この筋肉は薄く幅が広い筋肉として大腿内側のもっとも表層面に位置しています。薄筋の停止部には縫工筋・半腱様筋が同じ様に付着しており、その形がガチョウの足に似ているため鳶足と呼ばれています。

また、薄筋の緊張はヒザの痛みの一つである鵞足炎の原因になることもあります。

【関連筋肉】
ー股関節の内転筋ー
大内転筋
大殿筋
長内転筋
短内転筋

ーヒザ関節の屈曲筋ー
半膜様筋
半腱様筋
大腿二頭筋
腓腹筋

恥骨筋(ちこつきん)

【働き】
股関節の内転,内旋、屈曲。
(股を閉める、股関節を曲げる)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・恥骨櫛
停止・・・大腿骨

【神経支配】
大腿神経L2~L3
副閉鎖神経L3

【恥骨筋とは】
恥骨筋は非常に扁平な筋肉になっています。股関節の内転が主な働きではあるが、補助的な働きとしても股関節の屈曲というものあります。

【関連筋肉】
ー股関節の内旋筋ー
中殿筋
小殿筋
大内転筋
長内転筋

ー股関節の屈曲筋ー
大腰筋
腸骨筋
大腿直筋
大腿筋膜張筋


大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)

【働き】
股関節の屈曲、外転、内旋。
(股関節を曲げる、股を開く、つま先を内に向ける)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・ASIS(上前腸骨棘)
停止・・・Gerdy結節

【神経支配】
上殿神経(下枝)L4~S1

【大腿筋膜張筋とは】
大腿筋膜張筋は大腿の外側に位置してます。この筋肉は腸脛靭帯に付着していることで筋腹よりも筋腱部が非常に長いとされています。

歩行時などにつま先が正面に向いているのはこの筋肉の働きになり、つま先が外側を向いてしまうことがある場合は大腿筋膜張筋の問題が気になってもきます。

【関連筋肉】
ー股関節の屈曲筋ー
大腰筋
腸骨筋
大腿直筋

ー股関節の外転筋ー
中殿筋
大殿筋
小殿筋

ー股関節の内旋筋ー
中殿筋
小殿筋
大内転筋
恥骨筋


ハムストリングス

大腿二頭筋(だいたいにとうきん)

【働き】
股関節の伸展。ヒザ関節の屈曲。下肢の外旋。
(股関節を反る、ヒザを曲げる、つま先を外に向ける)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・長頭:坐骨結節
短頭:大腿骨外側遠位1/2
停止・・・腓骨頭

【神経支配】
長頭・坐骨神経(脛骨神経束)L5~S2
短頭・坐骨神経(総腓骨神経束)L5~S2

【大腿二頭筋とは】
大腿二頭筋は起始部によって働きが異なり、短頭はヒザ関節の屈曲に働き。長頭は股関節とヒザ関節の両方に働きがあります。陸上競技でもスプリンターなどが発達していることもあり”ランナーズ筋”とも呼ばれることもあります。

非常に力が強いためにバランスを崩すことで、身体への影響力も大きくなっています。

【関連筋肉】
ー股関節の伸展筋ー
大殿筋
大内転筋
半膜様筋
半腱様筋

ーヒザ関節の屈曲筋ー
半膜様筋
半腱様筋
腓腹筋
薄筋

半腱様筋(はんけんようきん)

【働き】
ヒザ関節の屈曲。下肢の内旋。股関節の伸展
(ヒザを曲げ、つま先を内に向ける、股関節を反る)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・坐骨結節
停止・・・脛骨粗面内側

【神経支配】
坐骨神経(脛骨神経束)L5~S2

【半腱様筋とは】
この筋肉はハムストリングスの中でも内側に位置しており、股関節とヒザ関節の動きに大きく関与してきています。

また、縫工筋や薄筋と供に鵞足を形成して脛骨粗面に付着しており、ヒザの痛みである鵞足炎の原因の一つとして挙げられます。

【関連筋肉】
ーヒザ関節の屈曲筋ー
半膜様筋
大腿二頭筋
腓腹筋
薄筋

ー股関節の伸展筋ー
大殿筋
大腿二頭筋
大内転筋
半膜様筋

半膜様筋(はんまくようきん)

【働き】
ヒザ関節の屈曲。下肢の内旋。股関節の伸展。
(ヒザを曲げ、つま先を内に向ける、股関節を反る)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・坐骨結節
停止・・・脛骨内側顆

【神経支配】
坐骨神経(腓骨神経部分)L5~S2

【半膜様筋とは】
ハムストリングスの中の筋肉の一つになり半腱様筋の下部に位置しています。機能的なものは大腿二頭筋、半腱様筋と同様に股関節とヒザ関節の運動に関係してきます。

また、大腿二頭筋と同じように”ランナーズ筋”としてもメジャーなものになっています。

【関連筋肉】
ーヒザ関節の屈曲筋ー
半腱様筋
大腿二頭筋
腓腹筋
薄筋

ー股関節の伸展筋ー
大殿筋
大腿二頭筋
大内転筋
半腱様筋


前脛骨筋(ぜんけいこつきん)

【働き】
足首の背屈。足の内反。
(つま先を上げる、足の裏を内側に向ける)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・脛骨外側近位1/2
停止・・・内側楔状骨第1中足骨の底

【神経支配】
深腓骨神経L4~S1

【前脛骨筋とは】
足関節での背屈という働きにおいて一番の働きをしているのが、この前脛骨筋になり、起始部付近の筋腹は分厚くあるのですが停止部付近では腱のようになり厚みはかなり軽減してきます。

また、坐骨神経痛などが原因で歩行時でつまづきやすくなるのは、この筋肉の筋力低下が大きく関係しています。

【関連筋肉】
ー足関節の背屈筋ー
長趾伸筋
長母趾伸筋

ー足関節の内反筋ー
後脛骨筋
長母趾屈筋
長趾屈筋

後脛骨筋(こうけいこつきん)

【働き】
足関節を底屈、内反。
(足首を伸ばす、足の裏を内側に向ける)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・下腿骨間膜、脛骨・腓骨の後面
停止・・・舟状骨、全楔状骨、立法骨

【神経支配】
脛骨神経L5~S1

【後脛骨筋とは】
この筋肉は下腿後面の深部に位置し、腱は脛骨とアキレス腱の間からカカトの内側を通り足底部に付着します。足関節での内反運動時にメインで働き”土踏まず”の形成するには重要な筋肉になってきます。

【関連筋肉】
ー足関節の内反筋ー
前脛骨筋
長母趾屈筋
長趾屈筋


長腓骨筋(ちょうひこつきん)

【働き】
足関節の外反、底屈
(足の裏を外側に向ける、つま先を上げる)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・脛骨外側顆、腓骨頭
停止・・・第1中足骨・楔状骨、第2中足骨

【神経支配】
浅腓骨神経L5~S1

【長腓骨筋とは】
短腓骨筋の上部に位置し足関節の底屈・外反も働きをしているのですが、この足関節の働きをメインでしているのは短腓骨筋になってきますので、長腓骨筋は補助的な役割をしている。

【関連筋肉】
ー足関節の外反筋ー
短腓骨筋
第三腓骨筋

ー足関節の底屈筋ー
ヒラメ筋
腓腹筋

短腓骨筋(たんひこつきん)

【働き】
足関節の外反、底屈。
(足の裏を外側に向ける、つま先を上げる)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・腓骨外側遠位2/3
停止・・・第5中足骨

【神経支配】
浅腓骨神経L5~S1

【短腓骨筋とは】
この筋肉の働きは足関節の背屈、外反ようにする働きがあります。長腓骨筋にも同じような働きがあるのですが、メインでこの運動をしているのは短腓骨筋になってきます。

また、足関節の内反が原因で起こる”ジョーンズ骨折”は、この筋肉の停止部である第5中足骨付近で起こることを言います。

【関連筋肉】
ー足関節の外反筋ー
長腓骨筋
第三腓骨筋

ー足関節の底屈筋ー
ヒラメ筋
腓腹筋
長腓骨筋

第三腓骨筋(だいさんひこつきん)

【働き】
足関節の外反、背屈。
(足の裏を外側に向ける、足首を伸ばす)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・腓骨の下部前面
停止・・・第5趾中節骨の背面

【神経支配】
深腓骨神経L4~S1

【第三腓骨筋とは】
第三腓骨筋は長趾伸筋の一部として考えられています。特徴的なのが他二つの腓骨筋とは違い外果の前側を通過し第5趾中節骨の背面に停止しているため、働きとしては長腓骨筋・短腓骨筋の足関節底屈ではなく背屈になっています。

そんな第三腓骨筋なのですが生まれつきに欠損が多い筋肉にもなっています。

【関連筋肉】
ー足関節の外反筋ー
長腓骨筋
短腓骨筋


膝窩筋(しっかきん)

【働き】
ヒザ関節の屈曲。ヒザ関節の内旋。
(ヒザを曲げる、股関節固定時のつま先が内側を向ける)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・膝関節包、大腿骨外側顆、弓状膝窩靭帯、外側半月板
停止・・・脛骨後面

【神経支配】
腓骨神経(高位の枝)L4~S1

【膝窩筋とは】
ヒザの裏側に位置する筋肉になり、ヒザ関節の屈曲が一番の働きになっています。外部の衝撃から外側半月板を守る機能もあるといわれています。

【関連筋肉】
ーヒザ関節の屈曲筋ー
半膜様筋
半腱様筋
大腿二頭筋
腓腹筋


下腿三頭筋(かたいさんとうきん)

腓腹筋(ひふくきん)

【働き】
足関節の底屈。ヒザ関節の屈曲。
(足首を伸ばし、ヒザ関節を曲げる)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・外側頭:大腿骨内外側上顆
内側頭:大腿骨内内側上顆
停止・・・踵骨隆起(アキレス腱となる)

【神経支配】
脛骨神経S1~S2

【腓腹筋とは】
一般的に、ふくらはぎと言われているところになります。ヒラメ筋の表層部に位置し、ふくらはぎ特有の形を形成しているのは腓腹筋になってきています。この筋肉の筋腱部がアキレス腱というのは有名なことになります。

【関連筋肉】
ー足関節の底屈筋ー
ヒラメ筋
長腓骨筋

ーヒザ関節の屈曲筋ー
半膜様筋
半腱様筋
大腿二頭筋
腓腹筋

ヒラメ筋

【働き】
足関節の底屈。
(足首を伸ばす)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・脛骨後面、腓骨頭
停止・・・踵骨隆起(アキレス腱となる)

【神経支配】
脛骨神経S1~S2

【ヒラメ筋とは】
腓腹筋同様ふくらはぎの筋肉になってきており、筋肉の大きさとしては腓腹筋よりも大きくものになっています。そのため身体が静止状態時で前に倒れないようするために働いています。

また、この筋肉はヒラメ筋とは違いヒザの動きには関係していません。

【関連筋肉】
ー足関節の底屈筋ー
ヒラメ筋
腓腹筋
長腓骨筋


足底筋(そくていきん)

【働き】
足関節の底屈。ヒザ関節の屈曲。
(足首を伸ばす、ヒザを曲げる)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・大腿骨、ヒザ関節の斜膝窩靭帯
停止・・・踵骨腱

【神経支配】
脛骨神経(高位の枝)S1~S2

【足底筋とは】
この筋肉は腓腹筋・ヒラメ筋の間に位置しています。名前から考えると足の裏に付着するような感じですが、実際はかかとの内側に停止部が存在します。

【関連筋肉】
ー足関節の底屈筋ー
ヒラメ筋
腓腹筋
長腓骨筋

ーヒザ関節の屈曲筋ー
半膜様筋
半腱様筋
大腿二頭筋
腓腹筋


長趾伸筋(ちょうししんきん)

【働き】
第2~5趾の伸展。足関節の外反。
(母趾以外を伸ばす、足の裏を外側に向ける)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・脛骨近位外側、腓骨前縁、下腿骨間膜、下腿筋膜
停止・・・第2~5趾の指背腱膜

【神経支配】
深腓骨神経L4~S1

【長趾伸筋とは】
この筋肉は下腿前面外側部に位置し前脛骨筋の外側を下り、その遠位では第三腓骨筋と供なってきています。

また、足趾を伸展運動においては非常に強力な働きをすることと足関節の外反という点においても作用しています。

【関連筋肉】
ー第2~5趾の伸展筋ー
短趾伸筋

短趾伸筋(たんししんきん)

【働き】
第2~4趾PIP・MTP関節の伸展。
(母趾、小趾以外の第二~三関節を伸ばす)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・踵骨の背面
停止・・・第2~4趾の趾背腱膜、中節骨底

【神経支配】
深腓骨神経(外側終枝)L4~S1

【短趾伸筋とは】
この筋肉は長趾伸筋と供に足趾の伸展筋として働いています。が、基本的には第5趾には作用してないことになるのですが、稀に第5趾にも停止部が存在したり第4趾が欠損したりと様々であります。

【関連筋肉】
ー第2~5趾の伸展筋ー
長趾伸筋

長母趾伸筋(ちょうぼししんきん)

【働き】
母趾の伸展。足関節の背屈、内反。
(母趾を伸ばす、つま先を上げる、足の裏を内側に向ける)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・腓骨前面、下腿骨間膜
停止・・・母趾の末節骨底

【神経支配】
深腓骨神経L4~S1

【長母趾伸筋とは】
この薄い筋肉は下腿の深部に位置し、ほとんどの表面を前脛骨筋と長趾伸筋に覆われており、稀に長趾伸筋と合体していることもあります。

また、腰椎椎間板ヘルニアや腓骨神経麻痺などにより筋力低下を起こすことが多いことが特徴になってきます。

【関連筋肉】
ー母趾の伸展筋ー
・短母趾伸筋


長趾屈筋(ちょうしくっきん)

【働き】
第2~5趾の屈曲。足関節の底屈、内反。
(母趾以外を曲げる、足首を伸ばす、足の裏を内側に向ける)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・脛骨後面中央部
停止・・・第2~5趾の末節骨底

【神経支配】
脛骨神経L5~S1

【長趾屈筋とは】
この筋肉は下腿後面に位置し筋腹は徐々に大きくなっていき、腱は足底部で足底方形筋と合体したのち第2~5趾の先端まで伸びていきます。

また、”土踏まず”を形成する筋肉の一つにはなりますが、偏平足にはあまり関係は薄くなります。

【関連筋肉】
ー第2~5趾の屈曲筋ー
短趾屈筋

短趾屈筋(たんしくっきん)

【働き】
第2~5趾PIP・MTP関節の屈曲。
(母趾以外の第2~3関節を曲げる)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・踵骨背面
停止・・・第2~5趾の中節骨底

【神経支配】
内側足底神経S1~S2

【短趾屈筋とは】
この筋肉の表層部には足底筋膜があることから、短趾屈筋の弱化というのは足底筋膜炎の発生に大きく関係してきています。基本的には第2~5趾の屈曲に関係してきていますが、第5趾に関しては欠損している場合がみられることもあります。

【関連筋肉】
ー第2~5趾の屈曲筋ー
長趾屈筋

長母趾屈筋(ちょうぼししくっきん)

【働き】
母趾IP関節の屈曲。足関節の底屈、内反。
(母趾の第1関節を曲げる、足首を伸ばす、足の裏を内側に向ける)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・脛骨後面遠位2/3、後下腿筋間中隔
停止・・・母趾の末節骨底

【神経支配】
脛骨神経(下枝)L5~S2

【長母趾屈筋とは】
長母趾屈筋は下腿後面深部に位置し、その表層部には腓腹筋やヒラメ筋があり長い腱から始まり筋腹はやや下方に存在します。足底部でまた腱に移行し母趾の末節骨底に付着していきます。

また、この筋肉は”土踏まず”の形成に関係していますが、偏平足の原因となることはありません。

【関連筋肉】
ー母趾の屈曲筋ー
・短母趾屈筋


虫様筋 (ちゅうようきん)

【働き】
第2~5趾のMTP関節を屈曲、DIP関節・PIP関節を伸展。
(母趾以外の第3関節を曲げる、第1・2関節を伸ばす)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・長趾屈筋の4本の腱
停止・・・第2~5趾の長趾伸筋の各趾背腱膜

【神経支配】
第1虫様筋は内側足底神経L5~S1
第2~4虫様筋は外側足底神経(深枝)S2~S3

【虫様筋とは】
この筋肉は非常に複雑な筋肉になり、足趾の第1関節を屈曲させ第2・3関節は伸ばすという器用な働きをしています。この筋肉は手にも存在しており、やはり同じような働きをしています。

また、虫様筋のおかげで足趾の複雑な動きも可能にできています。