胸部・背部の筋肉ガイド

大胸筋(だいきょうきんきん)

【働き】
肩関節の内旋、内転、屈曲。呼吸時の補助。
(肩関節を内側に向け、脇を閉める、ウデを前に出す)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・鎖骨内側1/3、胸骨と第2~7肋軟骨、外腹斜筋腱膜
停止・・・大結節稜

【神経支配】
腕神経叢(外側胸筋神経、内側胸筋神経)C5~C8

【大胸筋とは】
筋肉といえば大胸筋と言えるぐらい一番有名な筋肉になってくると思われます。この筋肉、3方向からの筋繊維があるのは特徴の一つで力の入れ具合や肩関節の角度によってもこの3方向の筋繊維が使い分けられてきています。

また、大胸筋を鍛えるということは女性にとってはバストアップに影響して重要な筋肉になってきています。

【関連筋肉】
ー肩関節の内転筋ー
広背筋
大円筋
上腕三頭筋

ー肩関節の内旋筋ー
肩甲下筋
広背筋
大円筋

ー肩関節の屈曲筋ー
三角筋
上腕二頭筋
前鋸筋


小胸筋(しょうきょうきん)

【働き】
肩甲骨を下制、下方回旋、外転。肋骨を挙上させる。
(肩甲骨を前下方に動かす、肋骨を引き上げる)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・第3~5肋骨
停止・・・烏口突起

【神経支配】
腕神経叢(外側胸筋神経)C7~T1

【小胸筋とは】
小胸筋の起始部は幅が広く、大胸筋の直接下にあるため触診しにくいのですが停止部である烏口突起あたりで触診しやすくなってきています。深呼吸の際は前鋸筋と共に働くことで肋骨を持ち上げるという働きもしています。

また、この筋肉の緊張はウデのシビレにも大きく関係してきます。

【関連筋肉】
ー肩甲骨の下方回旋筋ー
大菱形筋
小菱形筋

ー肩甲骨の外転筋ー
前鋸筋


鎖骨下筋(さこつかきん)

【働き】
鎖骨を前下方に引く。

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・第1肋骨
停止・・・鎖骨

【神経支配】
鎖骨下筋神経C5~C6

【鎖骨下筋とは】
この筋肉は鎖骨と並行する感じで位置しています。肩甲骨と鎖骨の動きに関係している胸鎖関節の安定させ肩甲骨の動きをスムーズにする役割もあります。

また、この筋肉が緊張することが原因で、”ウデのシビレ”や”四十肩・五十肩”にも大きく関係してくるのも特徴になってきます。


僧帽筋(そうぼうきん)

【働き】
肩甲骨の後退、内転、挙上、下制、上方回旋。
(肩甲骨のほとんどの動きに働いています)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・後頭骨、項靭帯、頚椎7~胸椎12の棘突起
停止・・・肩甲棘、肩峰、鎖骨外側1/3

【神経支配】
副神経
頚神経叢C3~C4

【僧帽筋とは】
首の後面・肩・背部上部を大きく覆っている筋肉なってきています。厳密にいうと上部、中部、下部と異なった筋繊維を持っているため部分的に役割が分担されてます。
また、肩こりで違和感を発生させる筋肉の代表的なのが僧帽筋になってきます。

【関連筋肉】
ー肩甲骨の挙上筋ー
肩甲挙筋
大菱形筋
小菱形筋

ー肩甲骨の内転筋ー
大菱形筋
小菱形筋

ー肩甲骨の下制筋ー
小胸筋


肩甲挙筋(けんこうきょきん)

【働き】
肩甲骨の挙上。頚部の回旋、側屈、伸展。
(肩甲骨を上に引き上げる。右・肩甲挙筋の場合・・顔を上に向ける、右を向く、右に傾ける)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・頚椎1~4横突起
停止・・・肩甲骨上角

【神経支配】
脊髄神経C3~C4
肩甲背神経(前枝)C4~C6

【肩甲挙筋とは】
この筋肉は帯状の形をしており付着部に対してねじりがあるところが特徴的になっているために、非常にストレスを受けやすい筋肉にっています。
また、肩甲骨と頚部の動きに対しては大きく関係していますので、”肩こり・寝違え”のときに痛めやすい筋肉の一つにも挙げられます。

【関連筋肉】
ー肩甲骨の挙上筋ー
僧帽筋
大菱形筋
小菱形筋

ー頚部の回旋筋ー
胸鎖乳突筋
頚板状筋
頭板状筋
脊柱起立筋
後頭下筋群


大菱形筋(だいりょうけいきん)

【働き】
肩甲骨の内転、挙上、下方回旋。
(右・大菱形筋の場合・・肩甲骨を上方、内側、時計回りに動かす)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・胸椎1~5棘突起、棘上靭帯
停止・・・肩甲骨内側縁下2/3

【神経支配】
肩甲背神経C5

【大菱形筋とは】
胸椎と肩甲骨の間に存在する筋肉になり、肩甲骨の動きに大きく関与しているのが大きな特徴になっています。また、この筋肉の頭方には同じような働きをする小菱形筋が存在しています。

【関連筋肉】
ー肩甲骨の内転筋ー
僧帽筋
小菱形筋

ー肩甲骨の下方回旋筋ー
小菱形筋
小胸筋

ー肩甲骨の挙上筋ー
僧帽筋
肩甲挙筋
小菱形筋

小菱形筋(しょうりょうけいきん)

【働き】
肩甲骨の内転、挙上、下方回旋。
(右・小菱形筋の場合・・肩甲骨を上方、内側、時計回りに動かす)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・頚椎7~胸椎1棘突起
停止・・・肩甲棘の付根

【神経支配】
肩甲背神経C5

【小菱形筋とは】
胸椎と肩甲骨の間に存在する筋肉になり、肩甲骨の動きに関与しているのが大きな特徴になってきます。この筋肉の足方には大菱形筋が存在しています。

【関連筋肉】
ー肩甲骨の内転筋ー
僧帽筋
大菱形筋

ー肩甲骨の下方回旋筋ー
大菱形筋
小胸筋

ー肩甲骨の挙上筋ー
僧帽筋
肩甲挙筋
大菱形筋


前鋸筋(ぜんきょきん)

【働き】
肩甲骨の上方回旋、外転、固定。
(右・前鋸筋の場合・・肩甲骨を反時計回り、外側に動かす)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・第1~8肋骨
停止・・・肩甲骨内側縁(前面)

【神経支配】
長胸神経C5~C7

【前鋸筋とは】
ノコギリのような形が特徴的な筋肉で、なかなか一般的には確認しづらいが、アスリートの身体などではしっかりと確認できる筋肉なる。ボクサー筋とも呼ばれることもあるようにパンチを打つような動き、ウデを前に出す動きの時には大きく働いています。

また、前鋸筋の傷害として1番に挙げられるものに”翼状肩甲骨”があります。

【関連筋肉】
ー肩甲骨の外転筋ー
小胸筋

ー肩関節の外転筋ー
三角筋
棘上筋
僧帽筋

ー肩関節の屈曲筋ー
三角筋
大胸筋
上腕二頭筋


広背筋(こうはいきん)

【働き】
肩関節の伸展、内転、内旋。
(肩関節を後ろ、内側に動かす。脇を閉める)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・胸腰筋膜、胸椎7~腰椎5の棘突起、正中仙骨稜、肩甲骨下角、腸骨稜、第10~12肋骨
停止・・・小結節

【神経支配】
胸背神経C6~C8

【広背筋とは】
人間の身体の中で一番面積の広い筋肉として挙げられるのが広背筋になってきます。広背筋のトレーニングで効果的なものに懸垂が挙げられますが、正直なところ懸垂を長時間こなすことができる人は少ないので、この筋肉を強化する方法としてはイマイチに思われます。

また、”四十肩・五十肩”のような肩関節の傷害にも大きく関係してきます。

【関連筋肉】
ー肩関節の伸展筋ー
大円筋
三角筋
肩甲下筋

ー肩関節の内転筋ー
大胸筋
大円筋
上腕三頭筋

ー肩関節の内旋筋ー
肩甲下筋
大胸筋
大円筋


脊柱起立筋(胸部)
胸棘筋(きょうきょくきん)

【働き】
体幹の伸展。
(身体を反る)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・胸椎11~腰椎2棘突起
停止・・・胸椎1~8棘突起

【神経支配】
脊髄神経(後枝)T2~T12

【胸棘筋とは】
脊柱起立筋の中でも最内側にある筋肉になってきます。深部に位置するため直接触診することは困難である。

【関連筋肉】
ー体幹の伸展筋ー
脊柱起立筋
腰方形筋
胸半棘筋
多裂筋群

胸半棘筋(きょうはんきょくきん)

【働き】
体幹の伸展、回旋、側屈。
(身体を反る、捻る)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・胸椎6~11横突起
停止・・・頚椎6~胸椎4棘突起

【神経支配】
脊髄神経(後枝)T1~T12

【胸半棘筋とは】
胸半棘筋は脊柱周辺でも多裂筋群・回旋筋群の上に位置するけっこう深いところにあり、いわゆる”インナーマッスル”になっています。脊椎を動かすという働きとともに脊椎の安定化と脊髄の保護なんていう役割も兼ねています。

また、半棘筋というのは”頭半棘筋・頚半棘筋”というのが存在してきます。

【関連筋肉】
ー体幹の伸展筋ー
脊柱起立筋
腰方形筋
多裂筋群

ー体幹の回旋筋ー
内腹斜筋
外腹斜筋
脊柱起立筋
回旋筋群

胸最長筋(ようさいちょうきん)

【働き】
体幹の伸展、側屈。
(身体を反る、横に倒す)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・胸腰筋膜、腰椎1~5横突起・副突起、仙骨
停止・・・胸椎1~12横突起、全肋骨

【神経支配】
脊髄神経(後枝)T1~L1

【胸最長筋とは】
脊柱起立筋の中でも棘筋と肋筋の間に位置する筋肉になってきます。深部にあるため直接触診することは困難である。

【関連筋肉】
ー体幹の伸展筋ー
脊柱起立筋
腰方形筋
多裂筋群

ー体幹の側屈筋ー
外腹斜筋
内腹斜筋
腰方形筋
脊柱起立筋

胸腸肋筋(きょうちょうろっきん)

【働き】
体幹の伸展、側屈。
(身体を反る、横に倒す)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・第7~12肋骨
停止・・・第1~6肋骨、頚椎7横突起

【神経支配】
脊髄神経T1~T12

【胸腸肋筋とは】
脊柱起立筋の中でも最外側にある筋肉になってきます。深部に位置するため直接触診することは困難である。

【関連筋肉】
ー体幹の伸展筋ー
脊柱起立筋
腰方形筋
多裂筋群

ー体幹の側屈筋ー
外腹斜筋
内腹斜筋
腰方形筋
脊柱起立筋


多裂筋群(胸部)(たれつきんぐん)

【働き】
頚部と体幹の伸展、回旋、側屈。
(頭や身体を反ったりひねったり横に倒したりする)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・頚椎4~7関節突起、胸椎1~12横突起、腰椎1~5乳頭突起、仙骨
停止・・・頚椎2~腰椎5の棘突起(起始部から上位3・4)

【神経支配】
脊髄神経(後枝・内側枝)

【多裂筋群とは】
この筋肉は仙骨より頚椎までの脊椎の両側を埋めるように位置してしますし、腰部では脊柱起立筋よりも深部に位置しているというのが特徴的になってきます。

腰の痛みに関してはかなりの頻度で問題を起こしてきています。

【関連筋肉】
ー体幹の伸展筋ー
脊柱起立筋
腰方形筋
胸半棘筋

ー体幹の回旋筋ー
内腹斜筋
外腹斜筋
脊柱起立筋
回旋筋群

ー体幹の側屈筋ー
外腹斜筋
内腹斜筋
腰方形筋
脊柱起立筋


回旋筋群(かいせんきんぐん)

【働き】
体幹の回旋。
(身体を捻る)

詳しくはこちら
【起始停止】
起始・・・頚椎2~腰椎5の横突起
停止・・・1つ2つ頭方の肋骨

【神経支配】
脊髄神経(後枝・内側枝)

【回旋筋群とは】
脊柱に沿って位置している筋肉で文字の通りに身体を捻る働きがあります。腰部に関しては多裂筋群の深部に位置しているが、正直なところ分けて判断することは容易ではありません。

【関連筋肉】
ー体幹の回旋筋ー
内腹斜筋
外腹斜筋
脊柱起立筋