痛いわぁ・・・。四十肩・五十肩

いきなり気付いたときになっている”四十肩・五十肩”は厄介極まりないですわ・・・。

 

肩関節の動きが悪くなり、それに伴いながら痛みが出ることをいい、主に40代50代の方に多く発症することで”四十肩・五十肩”呼ばれています。

 

 

特徴

・ウデを横・後に回すのがつらい
・キッカケがなく気付いたら”痛い”
・時には酷い痛みが・・・・
・酷いときにはヒジまで痛みが
・ピーク時は夜間痛がある

・肩こりとの関係は薄い

 

 

ウデを横・後に回すのがつらい

四十肩・五十肩は、ただウデが動かしにくくなり痛みが出るというわけではなく

若干、動きの悪くなるルールがありまして

・ウデを前には動かせる
・横と後に動かすのはつらい

 

普通にウデを前から挙げていくことは、さほど問題はないのですが、横や後にウデを増すことが困難になってきます。

 

たとえば

・車内から手を伸ばし駐車券が取れない
・エプロンなどを後で結べない

 

などが出来にくく痛みが出ることで日常生活がつらくなるという話はよくお聞きします。

 

 

キッカケがなく気付いたら”痛い”

”四十肩・五十肩”にキッカケというのはあまりないような気がします。ごく稀にですが、準備運動なしにボールなんかを目一杯投げたりすることで四十肩・五十肩と同じような症状が出ることはありますが(これは運動傷害ですけどね)

大半は思い当たる節がないことが多くなってます。

ですからというわけではないですが
”知らないうちに痛みが出ていて、知らないうちに治っている”
なんていうこともお聞きします。

 

 

時には酷い痛みが・・・・

症状の度合いにもよりますが、基本動かさなければほとんど痛みや違和感を感じないことが多いのが四十肩・五十肩ですが、ある角度に肩関節が動かしたときに痛みが現れるわけなんですが・・・・。

しかも、これが恐ろしいくらい痛みがあるときもあり
イメージとしては「タンスの角に足の小指をぶつけた感じ」の痛みがあり、肩を押えてうずくまってしまうこともしばしばありますね。

 

 

酷いときにはヒジまで痛みが

これも症状の具合によるのですが、ヒジにまで痛みが及ぶことも少なくありません。また、ヒジにまで痛みが出るタイミングは夜間が多いようで寝ていても起きてしまうこともあります。

どうも、肩が冷えてしまうことが引き金になっているみたいです。

 

 

肩こりとの関係は薄い

”肩こり”は首スジの違和感、”四十肩・五十肩”は肩関節の違和感というように大きな関連性はさほどありませんので”肩こり”が酷いので将来的に”四十肩・五十肩”になりやすいわけではないので心配しなくて良いのですが・・・・。

首に違和感が強い方は注意が必要になってきます。
四十肩・五十肩は首まわりの筋肉が原因になって発症することもありますので要注意です。

”四十肩・五十肩”の原因は ▶

 

 

 

四十肩・五十肩

このような”四十肩・五十肩”でお困りの方は連絡いただければと思います。
予約は”お電話”また24時間対応の”ネット予約・line予約”が便利になります。

予約の詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です