”気合と根性”で!!

ホント大切だと思います。このことは・・・。西尾市で整体といえば”心整体室”の山下です。

 

“気合と根性”って、いきなりなにを言ってんだろうこの人はと思われるかもしれませんが、今回のどうでもいい雑学は”気合と根性”です。
別に松岡修造さんの回し者ではありませんからご心配なく!!

で、なにかといいますと心整体室にお越しいただいているお父さんが以前面白い話をお聞きした内容になります。

”くまバチ”の話になるんです。

参照:Wikipedia

 

えっと、まずは”くまバチ”の説明です。このハチは普通のミツバチと同じように花から花へ と飛び回っているのですが、特徴的なのが大きな音を「ブ~~~ン」と立てながら移動するのと外見的には他のハチに比べるとずんぐりむっくりした見た目の 大きな黒いハチになってきています。

ハチというと怖いというイメージがありますが、とかく”くまバチ”に関しましては「ブ~~~ン」という威嚇的な羽音とは対照的で結構温厚な性格らしくオスには針はなく毒針を持つのはメスだけになり、しかも毒性は強くないらしいのです。が、やっぱり刺されると痛いので注意が必要ですね・・・。

というのが”くまバチ”の特徴なんですが、こんな話を紹介するのではなく。

この”くまバチ”身体の大きさに対して”羽の面積が異常に小さい”らしいんですよ。

一昔前までは偉~~い学者さんたちの間で「あの小さな羽であの大きな身体を浮かして飛ぶということは航空力学的には無理!!」といわれて問題になってたらしいです。そこで行き着いた答えがなんと、偉い学者さんたちが「あ~~~でもない」「こ~~~でもない」と話し合った結果・・・。

 

「彼らは飛べると信じているから飛べる」という、おっそろしい理由で”くまバチ”は飛んでいると考えられていたそうです!!

ボクなんかの百万倍以上、頭が冴えまくっている学者さんたちが”くまバチ”について

 

「信じるものは救われるんじゃないけど、飛べると思えば飛べるんだよ」
「気合、気合、気合と根性があれば飛べるんだよ」
だなんて・・・。

しかし現在では”レイノルズ数”とかいう流体力学において慣性力と粘性力との比で定義される無次元量という、何ひとつわけもわからない小むずかしい計算のもとに”くまバチ”は飛べ るということに行き着いたそうです。

でも、今の時代はハングリーさにかけるところが多々あるような・・・。ひと昔前の考え方で「気合と根性でやればなんとかなる精神」はちょっと 見習わないかんですね!!

 

 

身体の悩み

このような”身体の悩み”を感じた方は連絡いただければと思います。
予約は”お電話”また24時間対応の”ネット予約・line予約”が便利になります。

予約の詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です