”肩こり・腰痛”は”横隔膜”かも?

身体の異変を感じたら!!西尾市で整体といえば”心整体室”の山下です。

 

”肩こり・腰痛””横隔膜”が関係してるって?
不思議に思われる方も多くいらっしゃるかとは思いますが、この”横隔膜”は全然お門違いと思われるかもしれませんが人間の身体にとって非常に重要な役割を果たしてきています。

とりあえずは下の図を見ていただければわかるように”横隔膜”はお椀をひっくり返したようなドーム状の構造をしています。

 

”横隔膜”よりも上の部分を”胸腔”といい”心臓・肺”などの臓器があり、それよりも下の部分を”腹腔”といい”胃・肝臓・腎臓・すい臓”などの臓器が収まってきています。また、横隔膜の中心部には”食道・動脈・静脈”を通すための穴が3つ開いているのが構造上の特徴になってきています。

ちなみに、焼肉屋さんでいう”ハラミ”というのは”横隔膜”の薄い部位のことをいいまして、厚い部位は”サガリ”というらしいです。

しかも意外かもしれませんが、”横隔膜”は哺乳類にしか存在しないらしいのです。魚類は肺呼吸ではなくエラ呼吸ですから存在しないのもわかりますが、爬虫類にも”横隔膜”は存在しないそうなんですわ!不思議なことですね!1

 

 

横隔膜の働き

”横隔膜”の働きとして一番に思い浮かぶのはまず“呼吸”になると思います。
でも、この呼吸でも吸うときは”横隔膜”だけの働きで行っているんですが、吐くときには骨盤まわりの筋肉や多裂筋なども同時に働いて行っています。

 

息を吸うときは”横隔膜”は下がり、吐くときは上がるような動きをし呼吸は成り立っています。

また、“横隔膜”は身体の胸腰部あたりに位置しています。しかも深部に位置しているため背骨の安定化という役割もあり姿勢を保つ働きも一役買ってしています。この働きは、いわゆる”インナーマッスル”のようなものになります。

 

 

横隔膜と肩こり

”横隔膜””肩こり”と関係しているなんてと思うかもしれませんが、かなり密接な関わりを持ってきています。

 

特に

呼吸の浅い方は要注意

 

”横隔膜”の一番の働きは呼吸になってきているということは先ほど紹介しましたが、呼吸の浅い方は”横隔膜”の動きが小さくなる傾向にあり横隔膜自体の動きが悪くなる傾向があることが原因で”横隔膜”も硬くなってきてしまいます。

”横隔膜”も他の筋肉と同様に使わなければ細くなり硬く動きが悪くなってきてしまいます。

”横隔膜”が硬く動きにくくなってしまえば呼吸することにも弊害が現れてきます。しかし当たり前のことになりのですが、残念なことに人間は呼吸して酸素を体内に取り入れていかないと運動どころか普段の生活することも出来ません。

となると、”横隔膜”がしなければならない呼吸という働きを何かが変わりにしなければなりないということになるのですが・・・。

 

横隔膜の補助として

首が働く

 

首まわりの筋肉が”横隔膜”の変わりになって呼吸という仕事をすることになってきます。

 

空気を吸うときに”横隔膜”は下がらなければいけないのですが、硬くなってしまうと下がることが出来ません。そのようなときに首の筋肉が胸を上に引き上げるようにして”横隔膜”が下がる動きと同じ状態を作り空気を吸うわけになります。

こんなことが日常当たり前のことになって寝ているときにも行われていれば、首まわりも緊張し”肩こり”にもなるわけです。

 

 

横隔膜と腰痛

まずは”腰痛”を引きおこしている大きな要因の一つとして”腸腰筋”の緊張というものがあります。

”腸腰筋”の詳しくは ▶

 

”腸腰筋””走ったりするときに足を上げたり、身体を前屈(おじぎ)する”ときに働く筋肉になります。

この”腸腰筋”が緊張することで通常以上に骨盤の傾斜を前傾にさせたりするとで腰椎の前弯を増加させてくることは多々あります。このようなこと腰まわりで起こることがキッカケとなり”腰痛”を発生させてくることは少なくありません。

 

で、この”腸腰筋””横隔膜”はどちらも上部腰椎に付着部が持っており、そのため腸腰筋が緊張すると横隔膜も同じように緊張しやすく、また逆のことも起こりやすくなっています。

このように”腸腰筋””横隔膜”の関係は深くあるため”腰痛”にも大きく関係してくるわけです。

 

ちなみに”横隔膜”は「膜」という字が使われていますが筋肉になります。他の筋肉と同じように伸びたり縮んだりもします。ですから、呼吸が出来るんですけどね。

 

ちなみに”腹式呼吸”を行うことで”横隔膜”を動かすことが出来ます。

 

腹式呼吸とは

背筋を伸ばして、鼻からゆっくり息を吸い込みます。 このとき、丹田(おへその下)に空気を貯めていくイメージでおなかをふくらませます。 つぎに、口からゆっくり息を吐き出します。

 

常日頃から”腹式呼吸”が自然に出来ればいいですけど・・・。

なかなか難しいですね・・・。

”横隔膜を動かす”には ▶

 

 

身体の違和感

このような”身体の違和感”でお困りの方は連絡いただければと思います。
予約は”お電話”また24時間対応の”ネット予約・line予約”が便利になります。

予約の詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です