強く早く動くには”パワーポジション”

健康のためにはスポーツですけど、結果が伴ってこればやる気も出ますよね!!

パワーポジション

正直、全然知りませんでした・・・。ウチの店にお越しいただいているお客様にお聞きした話になるのですが!

「ホッホ~~~なるほど! そうなんだぁ~~~!」

という感じの内容でしたのでイロイロ調べてみましたので、今回はその”パワーポジション”の話になります。

”パワーポジション”って

”パワーポジション”っていうのは、スポーツをやられている方は非常に重要になってきますし、特に本気でスポーツでの成績にこだわっている方は必見です。

また、自分だけでなくお子さんが部活などでスポーツをがんばっているなら覚えておいて絶対に損はないです!!

とりあえず、”パワーポジション”を一言で言いますと

強く速く動き出すための基本姿勢

あらゆるスポーツに言えることになるのですが、静止した状態から”いかに速くしかも力強く動くこと”

筋肉が収縮することで生まれた力を如何にロスなく関節に伝え身体を動かすか!これができるかどうかで、その選手がスポーツにおいてのパフォーマンスに差が大きく出てきます。

野球、サッカー、テニス、バスケ、バレー、ゴルフ・・・・・・。
と、例を挙げれば切がないのですが、ほとんどのスポーツにおいてこの”パワーポジション”がとれるかどうかは重要になってきます。

スポーツの種類において”パワーポジション”の姿勢は若干異なってきますが、ちゃんとした基本姿勢というのがあります。まずはこの基本姿勢をしっかりと身体に覚えさせてイロイロとアレンジを加えていくことが流れのようです。

基本姿勢

①背中とヒザ下のラインが平行
②骨盤を前傾(背筋を伸ばし少し腰を反る感じで骨盤が前傾)

③ヒザとつま先は同じ方向
④足は肩幅よりも広く

模型の関節では稼動域が悪いところもありますのでちょっと違う感じになってしまいますが、この形が”パワーポジション”の基本姿勢になってきます。

レスリングの構えやバレーボールのレシーブなんかは”パワーポジション”の基本の形に近いですよね!

この”パワーポジション”が取れなければ、いくら身体が大きく、良い筋肉を持っていても、いつもでたっても2流止まりになってしまうなんてことも言われています・・・。

ですので、

パワーポジション自然取れるようになれば一流への近道

ただ、”パワーポジション”を取るための最低限の筋力は必要になりますので筋トレして、まずは身体作りをしていかないとですけどね!!

身体の悩み

このような”ちょっとした身体の悩み”でも連絡いただければと思います。
予約は”お電話”また24時間対応の”ネット予約・line予約”が便利になります。

予約の詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です