手を冷やすだけで良い事が!

人間の体温が1度下がると免疫力が約30%下がるっていわれています・・・。低体温はダメですよっていうのが定説なんですが・・・。

 

最初のところで書いたように、身体を冷やすことは絶対にダメで良いことなんて一つもありません。だって体温一度下がるだけで病気に掛かる確率が30%もアップしちゃうってことでうから・・・。

 

ちなみに、体温が一度上がると免疫力は5~6倍程度上がってくるらしいです!!

そんなこんなで最近ちょっとおもしろい事がわかったらしいので、今回はその内容を紹介してみます。

 

 

手を冷やすと良いみたい!

どうも、スポーツや身体を動かすというときに手を冷やすとまぁまぁ良い感じに効果がありパフォーマンスも上がるみたいなんです。
スポーツや仕事などで身体を動かし続けていくと、どうしても身体は発熱し体温を上げてきます。体温の上昇に伴い血流も良くなり心臓の動きも活発になってくるんですが。

 

そんな時になんです。
身体の深部の温度も上昇してきます。しかも、その温度が40度付近まで上がると「疲れた・苦しい」と身体が反応し活動することを拒否し始めてきます。

当たり前のことなのですが、体温が40度以上になってしまうと身体のいろいろな機能が正常ではなくなってきます。いわゆる、インフルエンザなんか熱が出たときなどは様々な関節が痛くなったりと身体がおかしなことになってくる感じです。最悪の場合はえらい事になってしまうので自己防衛機能として人間は動くことを止めるんですけどね。

 

で、ここで先ほどの”手を冷やす”なんですが、スポーツをする前に”手を冷やす”と身体の深部の温度を下げることや運動している最中の温度の上昇を通常時よりも抑える効果があるみたいなんです。

しかも、手だけではなく同時に”足のウラ・顔の頬”なども冷やすことでより大きな効果があるようです。

ホッホ~~!って感じです。

しかもやり方は非常に簡単です。スポーツする前、ウォームアップやストレッチなどをした後に10~15度程度の水に5~10分間冷やすだけになります。

 

ですが、氷水のように冷たすぎると血管が収縮してしまうので効果が得られませんので注意してください。

 

ただ”手を冷やす”という行為を運動前に行うだけで運動機能をアップさせパフォーマンスを上げるということになってきます。

ということはですよ!!
手を冷やすということは、より効率的に質の良い運動を持続的にできるわけなんです。常日頃から健康維持やダイエットのために運動している人も運動前に”手を冷やす”ことで質の良い運動を長時間できるため通常よりも大きな効果が得られるといいます。

 

 

 

身体の悩み

このような”イロイロな身体の悩み”でお困りの方は連絡いただければと思います。
予約は”お電話”また24時間対応の”ネット予約・line予約”が便利になります。

予約の詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です