ヘルニアで恐ろしいのは・・・。

ヘルニア、ヘルニアっていいますけど、腰痛=ヘルニアってわけでもありませんし、ヘルニアのホントに気を付けなければいけない事は他にもあるんです。

 

ヘルニア=腰痛という公式は成立しません!

 

あくまでも数ある腰痛の原因の一つが”ヘルニア”であり、腰痛の原因としてはヘルニア・すべり症・分離症などがあるひとつになってきます。ですが、ヘルニアだから必ず腰が痛くなるわけではなく腰痛にならないですが他の部位に影響してくるヘルニアのがよっぽどか始末が悪く厄介になってきます・・・。

そんなヘルニア自体で非常に警戒してほしいものがありますので紹介です。

 

 

坐骨神経痛

そんなヘルニアでホント気を付けたいのが坐骨神経痛になってきます。ヘルニアは坐骨神経痛の原因のなかの一つになってくるのですが、比較的に症状が深刻になりやすいという特徴があります。

 

坐骨神経痛の症状が重度になるということは筋力低下が起こりやすくなってきます。

坐骨神経痛の度合い

軽度

ツッパリ感

シビレ

痛み

筋力低下

重度

このように坐骨神経痛の症状は変化していきます。さらにヘルニアからの坐骨神経痛は遠位まで症状が発生しやすいという特徴もでてきます。坐骨神経痛の領域は上の図の通りに足の前面以外の”太ももの裏側~ヒザ下全ての部分”になってきます。で、ヘルニアの場合は遠位ではある”足首・足の甲・足のウラ”などにまで症状を出してくることが多くなってきます。

というように、症状の出る範囲も足首まで出やすく重度の症状である筋力低下を起こすことも少なくありません。ちなみに筋力低下というのは足に力が入りにくいということで”足が挙がりにくい”や”つま先を挙げることができずにつまづきやすくなる”ということがでてくるので歩行が困難になってくるということになってきます。

 

 

ヘルニアのメカニズム

下の図のように椎間板が飛び出してきています。

 

椎間板は背骨と背骨の間には必ずあるもので骨と骨の間でクッションのような働きをしています。もちろん腰部にある腰椎と腰椎の間にもしっかりと存在しているのですが、外部的な要因でこの椎間板がつぶれてしまうことがあります。

例えば

・無理な姿勢で荷物を持つ
・姿勢が悪い
・スポーツなどでの反復運動

などが原因となり椎間板にストレスがかかり、つぶれた椎間板が神経を圧迫するため坐骨神経痛が発生してきます。酷い場合は椎間板の中にある髄核というものが外に飛び出してしまうこともあり・・・。そのような時は酷い腰痛にも襲われます・・・。

 

 

対処法

なによりも、温めることが有効的になります。

 

お風呂はとてもいいですね温まることもいいのですがお湯の中に入ることで身体に浮力が働くことで腰にかかる負担も軽減できるという利点もあります。

 

ストレッチ

あくまでも予防という感じ日々行っていただくことが重要になってきます。腰の痛みや坐骨神経痛が酷いときなどは控えてようにしてください。

 

横隔膜・腸腰筋

仰向けに寝てもらいます。そのときに腰の下辺りに筒状のもの(バスタオルを筒状にしたもの)を腰の下に入れて若干腰が反る感じにしてください。
次に、腹式呼吸を行うのですが、”息を吸うときにお腹を膨らませ、息を吐くときにお腹を凹ます”ようにゆっくり5回。

 


この単純な腹式呼吸なんですが腰痛予防にもなります。また身体を起こしやすくなりますので姿勢も整いますのでお勧めです。

 

脊柱起立筋

両手、両膝をついて腰を反るようなイメージで力をいれ10秒間、そのあとに腰を丸めるように10秒間ほど伸ばす、この動きを5セットほど行ってください

 

ストレッチをするときに注意

・呼吸を止めない、息を吐く感じOK
・心地よい痛みぐらいまででOK

 

 

ヘルニアの注意点

絶対に注意していただきたい点があります。

両手で重い荷物を持ち上げている状態で腰だけを捻る運動です。重いものを待っている時点で椎間板には大きな圧力がかかります。
その状態から腰を捻ることは椎間板がねじれることになり椎間板に大きなストレスを与えヘルニアを発生させたり症状を悪化させることがありますので絶対に注意してください。

 

 

ヘルニア・坐骨神経痛

このような”ヘルニア・坐骨神経痛”でお困りの方は連絡いただければと思います。
予約は”お電話”また24時間対応の”ネット予約・line予約”が便利になります。

予約の詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です