肥満防止にはしっかりと睡眠!!

睡眠ってホントに大事なんですよ!身体を休めたり脳に休息を取らせたりと人間にとっては重要な時間になってきいますが、他にもいい仕事をしてるんですよ!!
ちなみにボクは食べるよりも寝ることのが大事になってきます。

 

 

今までもちょくちょく睡眠ネタはイロイロ紹介してきましたが、今回は「やっぱり、そうなんだ・・・。」っていう内容なります。

結論からいいますと

睡眠不足は太ります。

 

・・・・・・・。
なら、睡眠時間を増やせば痩せれるかというと・・・、なぜかそう都合よくにはいかないみたいで長時間寝ればやせれるというわけではないようです・・・。

ですが

・睡眠時間が短くなると太りやすく
・お腹周りにお肉がつきやすくなる

 

しかし、なんとなくなんですが、寝ているときは動いていないので起きている時と比べるとカロリーの消費量が少ないと思うんですよ。

 

ってことは、”睡眠時間が減少すれば消費カロリーが多くなる”ってことになりそうなのですが、なぜか?睡眠不足が原因で太ってしまうということは若干腑に落ちませんが・・・。
こんな研究結果があるみたいですよ。

 

英リーズ大学の研究者は、睡眠不足によって代謝に関連する化学物質が阻害され、健康的な体重を維持できなくなるのだと考えている。

睡眠時間が短かった人はウエスト以外に体重も重い傾向にあった。睡眠6~9時間の範囲においては、1時間睡眠が伸びるほどにBMIが0.46低下した。
(BMIとは大人の体格(身長・体重のバランス、「肥満」や「やせ」など)を示す目安になるものです。)

また睡眠不足はHDL(善玉)コレステロールの低下とも関係があった。善玉コレステロールは血流内の有害なコレステロールを取り除き、心疾患のリスクを減らしてくれるものだ。

全体的には睡眠が6時間から7、8、9時間と伸びるほど健康にはいいことが示唆されている。個人差はあるだろうが、理想的な睡眠時間はその範囲だろうと推測される。

 

上記の内容だけを読んでいると、個人差はあるけど睡眠時間が増えれば太ることもなく健康になれてしまうって感じに聞こえてきてしまいます。

もちろんのことなのですが、しっかりした食事を取って適度な運動もすることが大前提であってのことだと思います。

 

しかも最後に

これが睡眠不足が肥満の因子の1つであると結論を出せるような研究ではないことに注意しなければならない。

って、一気に信憑性が薄れましたが・・・。

 

ボクなりに考えますと

睡眠が足りないと身体が疲れ、これによる身体活動が少なくなり体内エネルギー消費が減っていき結果、体重増加に繋がります。

って感じだと思います。

 

ちなみにボクが以前見た映画の中でも睡眠時間が7時間未満の女性たちは肥満になる確率が38%以上って言ってますのでしっかり寝ましょうね!!

 

 

身体の悩み

些細な”身体の悩み”でお困りの方は連絡いただければと思います。
予約は”お電話”また24時間対応の”ネット予約・line予約”が便利になります。

予約の詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です