酷い外反母趾は怖いです・・・。

なんとなくのイメージなんですが、”外反母趾”って女性に多い症状じゃないかと思うんですが、ハイヒールを履いているとなりやすいのかなって思うんですけどね・・・。

 

 

つま先の細い靴なんかを長期間・長時間履き続けていることで足の母趾と小趾極度の負担がかかることによって足の指が付け根付近から内側を向いてしまい痛みが発生することが”外反母趾”になってきます。

症状にも度合いにもよりますが、”外反母趾”が進行してしまうと手術によって骨を削らなければならないこともありますので軽視してはいけませんね・・・。

また、この”外反母趾”は意外に日本人に多いらしく・・・。その大きな理由のひとつに日本人の足の形が欧米人に比べて足の甲が広く高い傾向にあるため”外反母趾”にはなりやすくなっているようです。

 

加えて、日本人は靴を履き始め歴史はまだ浅く、まだざっと200年ぐらいだと思われます。それに比べて欧米人の靴の歴史は長くあるため靴に対する考え方もかなり違ってきているみたいなんですよね。

日本人は靴に対してデザインを重視し消耗品というイメージを持っている方が多く思われますが、欧米人は自分にあった靴を定期的にメンテナンスしながら長い間履き続ける習慣があるそうです。

ちなみに、ウチの店にお越しいただいているお客様の中にも自分の足型をしっかりと作ってもらい、それに合わせて靴をオーダーされている方もいらっしゃいます!!

 

正直なところ、靴が合わないだけで腰が痛くなるなんて話もありますので、日本人も少し靴のことは見直さないといかんですね・・・。

って、かなり話がそれてしまいましたが、”外反母趾”には他にも原因がありまして・・・。

偏平足の方は外反母趾なりやすい

 

偏平足といえば、足の裏の土踏まずがなく”ペタ~ン”とした足のことをいいます。実際ボクがそうなんですが・・・。裸足の足跡を見ますとおそろしく残念な感じがする足跡になっています・・・。

偏平足は足裏のアーチがないので”ペタ~ン”とした足になりやすくなっています。そのため足の甲自体の幅が広がってしまうこと多く、普通に靴を履くことでも靴の中で指が圧迫されやすく”外反母趾”になりやすいということなんです。

そんなこんなで、外反母趾の予防には鼻緒のあるサンダルを履いたりするのがいいといわれます。

 

また、偏平足の改善法としては床にタオルを敷いて、その上に足を置き尺取虫のようにタオルを手繰り寄せる運動がいいそうですよ。

 

ちなみにイチロー選手も偏平足らしいのですが、彼は足の裏の筋肉が発達したための偏平足らしいです。

やっぱり格が違いますね、イチローさんは!

 

 

身体のことでお困り

些細な”身体のこと”でもお困りの方は連絡いただければと思います。
予約は”お電話”また24時間対応の”ネット予約・line予約”が便利になります。

予約の詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です