足がむずむずするのって・・・。

むずむず脚症候群・・・?なんなんですかね?この重みのなく深刻さを微塵も感じさせない病名は・・・?もうちょっと気の利いた名前はなかったんですかね?日本人の残念なセンスを痛感します・・・。

 

 

ちなみに、英語表記では”restless legs syndrome”(レストレス・レッグス・シンドローム)といいます!

お~~~~!これって感じの名前ですね。で、この”むずむず脚症候群”がなんだかといいますと、ここ最近ボクの両足の甲が”ジーーーーン”というか、痺れているのかわかりませんが、なんかしっくりきていません・・・。

仕事などをして動いているときは全然大丈夫なんですが、座っているときや横になって寝ているときなどはこのムズムズする症状を顕著に感じるんですよ。

それで、イロイロとボクなりにも調べてみて考えてみた結果!

 

糖尿病

糖尿病の症状として”足が痺れる”というものがありますが、
ボクは言うほどモリモリ食べてないと思うので却下。

 

痛風

風が吹いても足が痛くなるらしく、いわゆるお酒(ビール、日本酒)の呑みすぎが原因で発症するのです。
・・・イヤってほどに心当たりはあるのですが、痛くはないので違うと思いたいです。

 

むくみ

むくみもひどくなると痺れような症状や痛みを発生させます。

 

この3つが怪しくなってくるのですが、数年前に足がむくんでいるとは知らずにかなりひどい目にあわされた記憶があるので、むくみが有力候補だと思っていたのですが。

2,3日前にあまりに足がジーーーンとして寝れない日がありまして、ネットでイロイロ調べてみましたら、これが出てきました。

 

 

むずむず脚症候群

身体末端の不快感や痛みによって特徴づけられた慢性的な病態ということなんですが。

 

症状

歩いたり動いているときなどはさほど感じられないのですが、じっとして動かないでいるときなどに手・足などに症状があらわれ、場合によっては背中・腰にまでにも違和感を感じることもあるみたいで、症状が酷くなってくるとは激しい痛みに襲われるということもあるそうです・・・。

こんな症状

ムズムズする
じっとしていられない
かゆい
ピンでなぞられているような

 

また、症状が出ているのが皮膚の表面ではないように感じられるので
「脚の中に手を入れてかきたい」なんて思う人もいるみたいです。

 

しかも厄介なことに、症状が気になって気になって情緒不安定になり心が乱れていまうことで”うつ病”になってしまう方もいるそうで・・・。なんとも恐ろしいかぎりです・・・。

 

発症しやすい人

こんな方はちょっと気をつけていただいたほうがいいかもしれませんね。

・鉄欠乏性貧血
・妊婦人工透析を受けている方
・糖尿病・痛風
・遺伝性

 

というように、鉄分の低下や疾病的なことからはじまり、産まれつきな遺伝的な要因も関係してきます。また精神的なことが原因で発生することがみられますことがあります。

 

対応

こんな感じに対応していくのが良いみたいです。

・鉄分の摂取
・カフェイン、アルコール、喫煙を控える
・脚のストレッチ・マッサージ(特に股関節)

 

ざっくりとした説明になりましたが、”むずむず脚症候群”とはこんな感じになってきます。

たしかにボク的には鉄分は不足しているような気はしますし、お酒は毎日しっかり呑んでいますので”むずむず脚症候群”に当てはまる部分は多く思われますので、とりあえずは頑張ってお酒を控える努力をして上で、脚のストレッチでも始めてみることにします!!

 

というより、ストレッチはホント万能ですね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です