シップの使い分けって?どうするの?

とりあえず、シップというのもありですけど・・・。だましだまし続けていても症状は改善しませんし、なんの問題も解決しません・・・。

 

 

誰しも身体が痛いのはイヤだと思います。なにしろ不快に感じることも多くなり気持ち的にも沈みがちになってしまいやる気もうせてしまいますね・・・。

そんな状況を打破するためによく利用されるのが、痛み止めやシップになってくることと思います。特に”肩こり・背中の痛み・腰痛・ヒザの痛み”などの身体の関節が痛むときにはシップを貼るなんて方は多くいらっしゃると思います。

そんなシップなんですが、ざっくり分けますと患部を冷やす冷感シップと温める温感シップがあるのですが、この2種類のシップをどのように使い分けていますか?

 

正直なところ、冷感温感のどちらを使うのかを迷うことがあると思います。何も考えずに「冷やしておけばいいでしょう」ということで冷感シップを張っている人もいると思いますが、痛みの原因に合わせてちゃんと使い分けてほしいですね!!

シップの使い分け

患部に炎症がある時は冷感シップ
それ以外は温感シップ

 

簡単にいいますと、こんな感じですね!

ただ、炎症が出ているかどうかは判断しにくいと思うのですが、単純に痛みが出ている部位に熱を持っている感じや、脈を打つような痛みのときなどは炎症が発生している場合が多いです。

 

また、”ツキ指・ギックリ腰”などの急性に発生する痛みは炎症が発生していることが多いですので、こんなときには冷感シップになってきます。

 

 

次に温感シップは一般的にいわれる”肩こり・腰痛”などの慢性的な症状の時に有効とされています。

 

慢性的な痛みの原因には筋肉の緊張というのが大きくあります。筋肉自体は冷やすことによって固まりやすく、温めることで緩んでくるという特徴があります。お風呂に入った後などに”肩こり”の症状が緩和して思えるのは、このような理由があるからです。
ということで、慢性的な症状には温感シップが良いと思います!

 

ただここで一つ、”ギックリ腰”に限っては炎症が出ている部分が腰の深部になることが多く、表面的に冷感シップで冷やしたところで患部の炎症までには届きにくいので・・・。

 

”ギックリ腰”の場合は腰全体の筋肉が固まっていますので温感シップでその筋肉を緩めてあげたほうが動きやすくなることもあると最近ではいわれていますし、夏場なんかの暑いときに温感シップなんて貼っていると皮膚が蒸れてかゆくなってしまうこともあるので。

ボク的にはシップ

貼って気持ち良いと思える方が正解

 

しかし、冷感にしても温感にしてもシップには痛みの原因を解決させる力はさほどありません・・・。

シップ自体には鎮痛効果があるので痛みは緩和できますし、世の中には”時間薬”なんていうこともありますのでシップを貼っていれば症状が良くなっていくことは多々あります。

が、痛みの根本である原因はなにも解決していません・・・。

ですから、原因であると思われる”筋肉・靭帯・関節”には、それ相応の処置をしていく必要があることは忘れないでくださいね!!

シップはあくまでも応急処置です。

 

 

身体の悩みは

些細な”身体の悩み”でもお困りの方は連絡いただければと思います。
予約は”お電話”また24時間対応の”ネット予約・line予約”が便利になります。

予約の詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です