そもそもリンパって?

今さらですが、リンパって・・・?いったいどんなものなの?日常当たり前のように使ってる。「リンパの流れが悪い」とか「リンパが腫れている」などいいますが、実際は・・・?

 

 

よく、「リンパが滞っている」などといいますけど、実際どんなものかは知らない方もも多いかと思います。 で、リンパといって一番最初に思い浮かぶものは、やっぱり”むくみ”ですかね!

”むくみ”は女性にとって天敵みたいなもので、いくつかある”むくみ”の原因の一つになっています。

「ふくらはぎがスッキリしないし、足がだるい」

 

酷い方は”むくみ”が原因で痛みを感じる方もいらっしゃいます。

というようにリンパといえば”むくみ”みたいな感じになってはくるのですが、リンパには他にもイロイロと重要なことがまだまだたくさんあると分かっているので、今回はリンパのイロイロです。

 

 

リンパって?

リンパリンパといっても、”リンパ液・リンパ球、・リンパ管、・リンパ節”
というように、リンパと名が付くものはいくつもありますので一つずつ紹介です。

 

リンパ液

リンパ液は毛細血管より染み出てきた血しょう(血液中の55%を占める液体)がリンパ管に入り込んできたもので黄色がかった透明な色をしています。怪我をしたときなどに傷口から出ている黄色がかった透明な色ものがリンパ液らしいです。

 

主な働きとしては細胞から出た老廃物の回収や腸から吸収された脂肪の運搬になります。

 

リンパ球

リンパ液中の存在するもので数ある免疫細胞の一つになってきます。

 

T細胞やらB細胞なんていうものがあるらしいのですが、要は身体を外部から襲ってくるイロイロな攻撃から守ってくれています。

 

リンパ管

リンパ管とはリンパ液を運ぶパイプみたいなものになり、いわゆる血液と血管のような関係になると思ってください。

 

血管と同じようにリンパ管も全身に張り巡らされているのですが、身体のところどころにリンパ節と呼ばれるものが存在します。

 

リンパ節

リンパ節はリンパ管の合流する部分になり、大きさは2ミリ~30ミリと様々なものがあり全身に約800箇所あるといわれています。球状の形をしており網状の構造をしていますので、リンパ液をろ過する役割をしています。

 

また,リンパ節にはリンパ球が集中しています。通常でしたら身体に侵入した病原体を駆除するリンパ球ですが、その働きが追いつかない場合には、このリンパ節の網に病原体が引っかかるようになっています。

リンパが腫れるというのは、網に引っかかった病原体をなんとかしようと頑張っている状態のことをいいます。

 

 

リンパが原因の症状

リンパが関係して身体に影響を与えてくる症状を少し紹介。

 

むくみ

最初のところでも紹介しましたが、リンパの症状として一番身近に感じるのが”むくみ”になってくると思います。 リンパの流れが悪くなることで発生してくるのですが、特に女性は症状がひどく見られる方が多く「足がだるい」だけではなく「痛み」を感じる方も・・・。

 

ただ、”むくみ”といっても原因となるものに、血行性とリンパ性のものが存在します。

特徴としましては、血行性のものは日中での症状の変化がある場合が多く、朝は症状が軽いのですが夕方になるとひどくなり、お風呂に入ると症状が軽減する肩が多いです。

しかし、リンパ性のむくみは日中の変化はあまり見られず、悪い意味なんですが症状が安定していることが多いですね。

 

リンパ節の腫れ

上記でも紹介しましたが、”リンパ球・リンパ節”は体外から侵入してきた細菌やウィルスを駆除する重要な働きがあります。リンパ節がこの働きをしているときは腫れが発生するみたいです。

風邪、インフルエンザのときなどに身体が痛くなるのもリンパ節で細菌、ウィルスの駆除が行われている結果らしいです。

リンパが腫れやすい場所

後頭部・耳の周り・あごの付け根・鎖骨付近
わきの下・ヒジ内側・足の付け根・ヒザ裏

 

このようなところが腫れやすく痛みを発生させてきます。

”おたふく風邪”なんかは、この症状の代表例ですね。

 

対処法

対処法になるんですが、さすがに細菌・ウィルスに関しては病院にいってドクターに相談してください。ですが、”むくみ”に対しては対処法が少しありますので紹介します。

 

身体を動かす

血液は筋肉の収縮と心臓の働きによって循環していきますが、リンパ液は筋肉の収縮によってだけで循環する仕組みになっています。
ということは、身体を動かして筋肉の動きを活発にしていけばリンパ液の流れも良くなってくるということになってきます。

 

また、スポーツなどをして汗をかくことで身体の循環機能もアップしていくことでもリンパ液の流れに影響してきます。

 

姿勢

ねこ背などで姿勢を悪くすると血行不良を起こしやすくなります。
それに伴い、リンパ液の流れにも悪影響を与えてくることも多く見られます。

 

正しい姿勢をとることはリンパの流れにも良い方向に働いてきます。

 

マッサージ

リンパの流れは筋肉の収縮と大きく関係し身体を動かすことでリンパ液の流れはスムーズになると紹介しましたが、マッサージなどで筋肉を緩めることはむくみに効果が望めます。

足の付け根
そけい部になるんですが、座ったときに股関節が曲がっているところになります。
軽く押さえていくと脈を打っている場所がありますので、その付近をやさしくマッサージです。

 

ヒザウラの内側
押さえると痛みが強く脈を打っている付近をやさしくマッサージです。

 

こんな感じにストレッチやマッサージもむくみには効果がありますが、一番は運動ですね!!
立ちっぱなし座りっぱなしは非常に良くないです。激しい運動でなくウォーキングなんかでも効果はありますので、気になる方は少しずつでもよいので歩いてみましょう。

 

 

身体の悩み

なにか”身体の悩み”でお困りの方は連絡いただければと思います。
予約は”お電話”また24時間対応の”ネット予約・line予約”が便利になります。

予約の詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です