肩関節の違和感には、まずはここを!!

肩関節の症状として一番に思いつくのは”四十肩・五十肩”
ウチのHPでも何度か紹介しているものですが、厄介極まりない症状になってきています・・・。ただ、肩関節って自分では気づいてないですが意外と動きが悪くなってきてるって知ってます?

 

 

肩関節に限らず、人間の関節なんてものは大きく動くことに越したことはありません。特に肩関節・股関節は可動域の広い関節になりますので、動きの幅が狭くなることは日常生活で不便なことが多くなってきます。

ですが、なにをしたら関節の動きを良くできるかわからない・・・?

 

ということで、今回は肩関節の動きを良くするには、まずはココをやってみてくださいという回になってきますので、よろしくお願いします。

 

先ほども言ったように、肩関節は可動域が広い上に複雑な構造にになってきます。あまり知識のない人がイロイロと考えていっても切りがありません・・・。
しかも肩関節を構成している筋肉はまわりに筋肉と比べると比較的小さなものが多く、なかなか触診していくことが難しいので、このあたりの筋肉にアプローチするのはお勧めできません・・・。

で、筋肉の知識がない人でも、このあたりをやっておけば良いですよっていうポイントを2つほど!!

 

 

胸の筋肉

下の図で示した胸の筋肉である”大胸筋・小胸筋”は肩関節の動きに大きく関係してきます。ので、非常に大事になってきます。

 

しかも、この胸の筋肉が固まってくると肩を内側に入れてくることで、いわゆる”ネコ背”になりやすい傾向にありますので気を付けないといけません。

 

 

鎖骨をつまんでみる

みなさんが思っている以上に、これがホントに重要です!!
この鎖骨なんですけど、通常時ですと案外動くんですよ!ですが、周りの筋肉が固まってしまうことなので動かなくなってしまうことは多くあります・・・。

 

ですので、鎖骨の周りをマッサージしてみてください。で、可能であれば鎖骨をつまんでみてください。鎖骨が動き出すことで肩関節の動きが改善することは多くあります。

ただ、鎖骨をつまむには若干コツがいりまして・・・。
つまむ鎖骨側の肩をすくませる感じにするとつまみやすくなるので実践してみてください。

この2つのことは身体の前側で出来ることですから、案外簡単できるのでお勧めできますし、思っっている以上に肩関節の動きが出せることがあります。
欲を言えば、この後にローテーターカフ筋などをやりたいところですが・・・。ちょっと難しいのでまずは胸の筋肉と鎖骨をつまむことから始めてみてください。

ちなみに、肩こりにも効きますので是非!!

 

 

身体の悩み

なにか”身体の悩み”でお困りの方は連絡いただければと思います。
予約は”お電話”また24時間対応の”ネット予約・line予約”が便利になります。

予約の詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です