”歯ぎしり”からの”頭痛” 40代男性

”歯ぎしり”にしても”歯を食いしばる”にしても、たいていの人が無意識な感じでしていると思います。ですから、気を付けようがないですが、身体への影響は大きいです。

力を入れる時に”歯を食いしばる”ことはあると思います。が、ほとんどの場合は自分の知らない間にしていることが多く・・・。その中でも睡眠時にしていることが多いようです。

”歯ぎしり・歯を食いしばる”なんかはストレスなんかが原因なんていわれています。

今回紹介するのは”歯ぎしり”がキッカケで”頭痛”が発生するケースになってきます。って、これってボクのことなんですけどね・・・。

この”歯ぎしり”、当初は何かしらのストレスを感じているとき無意識にしていたようなのですが、最近ではクセになってしまい一人でパソコンを使っている時なんかに気付いたら”歯ぎしり”しているなんてことが多くあります・・・。

”歯ぎしり”や”歯を食いしばる”に関しては意外に多く人口の10%くらいの人にあるらしい世のことです。が、先ほど書きましたように大半の人は寝ているときにするのが一般的なのですが・・。

ボクのように起きているとき頻繁に”歯ぎしり”をするってことは割と稀なことのようです。

人と会っているときは大丈夫だと思いますが、一人になっていると”歯ぎしり”が・・・。
って、そんなことはさておき。

この”歯ぎしり”が原因で”頭痛”が発生するんです。

”歯ぎしり”をするということは、口を開け閉めする筋肉に想像以上の力が入っており負担が掛かってきます。

”歯ぎしり”をしているときにかかる力は、ざっと体重の2~5倍。

成人男性から考えると100㎏は超えてくる力になってきます!!

こんな大きな力を出している筋肉ですから、負担の想像以上になってくるのは必然的で、疲労の蓄積が起こってこれば筋緊張は発生してきますし痛みや違和感も出てきます・・・。

で、そんな口を開閉させる筋肉の中には、首まわりで重要な筋肉がいくつもあります。

首まわりの筋肉には”頭痛”を誘発させるものがありますので、”歯ぎしり”がキッカケで首周りの筋肉が緊張し”頭痛”が出てくるということみたいです。

例えば、こんな筋肉になってきます

もともと、ボクは”首・肩の痛み”は皆無なんですが、こんな感じで最近は”頭痛”がちょくちょくと出てくることがあります。

”歯ぎしり・歯を食いしばる”にはマウスピースなどが良いと聞きますが、これはあくまでも睡眠時の話のことで、起きている時には使えそうにありません・・・。

となると、ストレスのない生活を心掛けることしかなさそうです・・・。

”歯ぎしり・歯を食いしばる”は他にも様々な問題を起こしてきます。

  • 歯が削れる
  • アゴへの問題
  • 全身のゆがみ

などなどと全身に影響してきます。正直”腰の痛み”なんかにも関係してくることもありますので、気を付けたいところです。

って、ホントはどうやって気を付けていけばいいんですかね?あまり意識しすぎると、それがすとれすになりそうですから・・・。

身体の悩み

なにか”身体の悩み”でお困りの方は連絡いただければと思います。
予約は”お電話”また24時間対応の”ネット予約・line予約”が便利になります。

予約の詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です