首・肩・背中の痛みも”肩甲骨”から・・・。

効果絶大の”肩甲骨はがし”は”首の痛み・肩こり・背中の痛み・ダイエット”までに効いてきます。

 

”肩甲骨”って最近はイロイロなところで取り上げられていますね!!
世間一般的にもかなり知名度も高い骨の一つになると思いますのでみなさんもよくご存知かと思いますが、背中にある大きな2枚ある骨になります。

 

人によっては”天使の羽”なんていう方もいらっしゃいますが、ボク的には翼が退化したものではないような気がしますが・・・。
昔の人間が背中から翼が生えていて空を飛んでいたかと思うとロマンがありますから、それはそれでいいかなって思いますわ!!

で、”肩甲骨”なんですが、”肩甲骨”にはいくつかの関節が存在しています。

・肩甲上腕関節
  肩関節を構成している重要な関節
・肩鎖関節
  肩甲骨と鎖骨の間にある関節
・肩甲胸郭関節
  肩甲骨と肋骨の間にある関節

参照:https://koto-orthopaedics.com/

 

と、このように3ヶ所の関節が”肩甲骨”にはあります。

みなさんはあまり意識されたことはないかもしれませんが、”肩甲骨”があるのでウデも上手く動かせるということになっています。

で、ここで”肩甲骨”がどんなに重要化というのをいくつかの紹介です。

 

肩甲骨の重要性

この”肩甲骨”はホントにイロイロなところに影響を与えている非常に重要な部分になってくるので気をつけておいて損はありません。

 

肩こり、首の痛み

これに関しては”肩こり・首の痛み”で困っている方でしたら少なからず身に覚えがあることかとは思います。

 

”肩こり”の発生の原因として非常に多くあげられるのが”背中の筋肉のハリ”。ただ漠然と背中といっても特に関係してくるのが”肩甲骨”まわりの筋肉緊張が”肩こり”には大きな悪い影響を与えてきます。

”肩甲骨”に付着している筋肉のいくつかは”肩~首”に付着しているものがあります。たとえば”僧帽筋・肩甲挙筋”などがそうなるのですが、”肩こり”といえばこの筋肉というくらいに”僧帽筋・肩甲挙筋”の緊張は痛み・違和感を発生させてくる筋肉の代表になってきます。

”肩こり”の詳しくは ▶

 

四十肩・五十肩

”肩甲骨”の表裏の面に付着している筋肉には肩関節の動きに大変重要な筋肉が多く含まれており、その中でも”ローテータカフ筋”という”棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋”と呼ばれているものがあります。

 

この”ローテータカフ筋”は肩関節のあらゆる方向への動き始めに機能することと肩関節の安定化を図っています。
また、この4つの筋肉のバランスが崩れることで肩関節の著しい可動域の減少と肩関節の動きに伴う痛みが発生するケースは多くみられてきます。

これはいわゆる”四十肩・五十肩”という症状になってきますね。

”四十肩・五十肩”の詳しくは ▶

 

脂肪の燃焼効果

この事の関しては以前にも紹介しましたが、”肩甲骨”まわりのは”褐色脂肪細胞”というものが残っていると言われています。

 

幼少期には身体のイロイロな所に存在しているのですが、年齢と伴に”褐色脂肪細胞”は少なくなり最終的には”肩甲骨”まわりにしか残らないということらしいです。

この褐色脂肪細胞”は白色脂肪細胞(一般的にいう脂肪)の燃焼させるスイッチの役割を持っています。 ”肩甲骨”がスムーズに動くということは先ほどのスイッチが入りやすくなり脂肪が燃焼しやすいという仕組みになってきます。

”褐色脂肪細胞”の詳しくは ▶

 

リンパの流れの改善

全身を走っているリンパ管、その中でリンパ液は全身をくまなく回って老廃物等を回収するという役割があります。

 

老廃物を回収するということでは血液の役割にもあるのですが、”老廃物の回収の9割はリンパ液の働き”によって行っており行われており、回収された老廃物は汗・尿となり、その後は体外に排出されるという仕組みになってきます。

また、血液には心臓というポンプがあり全身に循環できるのですが、リンパは血液ほど心臓のサポートは受けていません。
ですから、筋肉の収縮がポンプの役割を果たし全身にリンパ液をまわすことができるのです。

背中、特に肩甲骨まわりは非常に緊張しやすい部分になっているので、この辺りが硬くなるだけでリンパ液の流れはかなり損なわれてしまうというわけです。

ちなみにリンパ液が上手く循環していれば、”むくみが解消”したり、”肩こり”などが改善”もでき、”ダイエット”にも効果があるみたいですよ!!

 

姿勢の改善

”肩甲骨”まわりが硬くなると、どうしても背中が丸くなってしまい”ねこ背”になりやすくなってしまいます。

 

ねこ背が身体に与えるデメリット

・肩こり、腰痛になりやすい
・姿勢が悪くなる
・内臓の機能に負担がかかる

まだまだありますが、姿勢が改善されれば

”きれいに、健康”

になれることは間違いないです。

”正しい姿勢”の詳しくは ▶

 

という感じで、”肩甲骨”まわりは非常に重要な身体の部分になってきます。

 

 

肩甲骨の動き

このような”肩甲骨の可動域”でお困りの方は連絡いただければと思います。
予約は”お電話”また24時間対応の”ネット予約・line予約”が便利になります。

予約の詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です