階段とヒザと運動

「階段」。統計を取った人なんかいないと思いますが、、結構な人が1日1回ぐらいは階段の昇り降りをしてるんでしょうね!

っと、そんな階段なんですが、良いも悪いも人間の身体に影響を与えてきてるんですよね!といことで、今回はその辺りのことを!!

ヒザにくる

これは様々な条件が重なってくると発生することで、健康な人が階段を上がったり下がったりしているだけで、ヒザに痛みが出るわけではないのでご心配なくなんですが、少なからずありますので、その条件には気をつけたいところです。

    条件って

  • 下肢の筋力低下
  • 体重の増加
  • 降りる時のが負担大

階段の昇り降りの時には、普段歩いているときなんかと比べると、下肢にかかってくる負担は大きくなってきます。

で、その要因は様々かもしれませんが、例えば加齢や運動不足などが原因で下肢の筋肉が弱ってきているときに、階段の昇り降りを続けていると・・・。

まぁ〜察しは付くと思いますが!

大きな負荷で筋肉に負担が掛けられ、ストレスが与えられれば、何かしらの問題は出てくることは必然です・・・。

特に下肢の筋肉へのストレスはヒザの痛みに直結することが多いですからね。

これと同じようなことが、体重の増加になってきます。

やっぱり、どんなものでもそうですが、軽いものより重たいものを動かすことの方が、何かと負担は大きですから、ヒザへのストレスも大きくなってきます。

また、降りる時のほうがヒザへの負担は大きくなってきます。

階段を降りる際には身体が下に降りる運動が出てきます。この足が着いた瞬間って片足で全体重を支えることになっています。この時って結構な感じで膝に負担が掛かってきています。ヒザでいう半月板へのストレスは普段以上になっていますね!

何となくのイメージで、階段って昇りの方が大変な感じはありますが、ヒザへの負担は降りる時の方が大きくなってきています。

いい運動になる

まず人間って横に動くよりも上下に動くことの方が断然に体力を使いますので疲れます・・・。

地球に重力があるから仕方ないのですけど!

で、先ほどの話ではないですが。

階段を昇るときは、自分の身体を重力に反発するように押し上げますし、降りるときは身体が上から下への移動のため、足で踏ん張るというか、普段よりも大きな力で支えてくることになるってことは、いい運動になってきてるってことです!!

また、階段の昇り降りは殿部の筋肉に効いてきます。

殿部の筋肉って、ウォーキング程度の運動だけでは、なかなか鍛えられません・・・。

筋トレなんかで言いますと、スクワットは殿部の筋肉に効果があるのですけど、みなさんご存知の通り。

辛い・・・。

そこで階段の昇り降りです。スクワットほど効果は望めませんが、ウォーキングに比べれば絶対的に効果は期待できます。

まとめ

という感じに、階段は身体に影響してきます。

正直いい運動にもなってきますし、何より手軽に日常生活の中に取り入れやすくもなっています。

例えば、買い物などで、いつもはエレベーターやエスカレーターを使っているところを、ちょっと階段に変えるだけでいいんですから、割と簡単にいけると思います。

ただ無理は禁物

いきなり、頑張りすぎてヒザを壊してしまうようなことがあれば、本末転倒ですから!!

ボチボチでいきましょう!!

最後にボクの体験談で、数年前のことなんですが・・・。調子に乗ってバシバシ運動をしていたら、ヒザに痛みが・・・。

しかも両ヒザ・・・。

この時ほど階段を恐ろしく感じ、手すりが心強く思ったことはなかったです。

ヒザは壊しちゃダメです。ホントにボチボチですよ!

身体の悩み

なにか”身体の悩み”でお困りの方は連絡いただければと思います。
予約は”お電話”また24時間対応の”ネット予約・line予約”が便利になります。

予約の詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です