けっこう多くの”腰痛”は腰方形筋

”腰の痛み”はお任せください!!西尾市で整体といえば”心整体室”の山下です。

 

人間の半分以上なの方が”腰痛”に悩まされているといわれています。
これにはイロイロな説があるといわれていますが、その原因のひとつに人類が四足歩行から二足歩行に変わったためとも言われています。

 ”腰痛”の詳しくはこちら >

 

と、ここで”腰痛”のなかでもストレスがかかりやすい筋肉になってくる”腰方形筋”を紹介してみます。

 

腰方形筋

呼んで字のとおりに腰まわりにある方形(四角形)の形をした筋肉になってくるのですが、この”腰方形筋”は腰まわりの筋肉の中でも非常に重要な役割のある筋肉になり、身体のバランスをとったり関節を保護する働きのある”インナーマッスル”といわれるものになってきます。

筋肉の中で重要ではないものなどないのですが、ボクの中では”腰痛”の原因となる筋肉では1,2を争うほどに重要な筋肉になってくるのですが、この”腰方形筋”は筋肉自体は小さくはないのですが、身体の深層部にあるためにちょっとイメージしにくいことも特徴のひとつになります。

 

上の図を見ていただくとわかるように”台形の形”をした筋肉になり、腰椎の1~5番・肋骨の12番・骨盤(腸骨上部)と3ヶ所に付着部があるため筋繊維は他の筋肉には見られないちょっと複雑なものになってきます。

 

腰方形筋 の働き

腰まわりの筋肉としては大きな筋肉になってくるのですが、筋肉の働きとしてはいたって単純明快で!!

腰方形筋 の働き

体幹の側屈(身体を横に倒すこと)
体幹の伸展(身体を反ること)
腰まわりの”インナーマッスル”

 

この”体幹の側屈・伸展”という2つの動きが”腰方形筋 ”の主な働きになってくるのですが、先ほど紹介したようにこの2つの働き以上に最重要な働きが”腰まわりのインナーマッスル”の役割になってきます。

インナーマッスルには重要な働き

関節の安定化

 

もちろんのことですが、”腰方形筋 ”にもこのインナーマッスルの働きには当てはまってきます。関節の安定化というのは姿勢を保つということにもなってきますので”腰方形筋”は重要な役割を果たしています。

 

腰痛と腰方形筋

さてと、この”腰痛と腰方形筋”というのが一番の問題となってくるのですが、どのようなメカニズムで”腰痛”になってくるのかをちょっと紹介です。

なんといってもこれですね!

片手で荷物(重いもの)を長時間持つこと

 

下の図は右手で荷物を持ったときの姿勢になります。

 

①右肩が下がる

②身体が右側に傾く
人間というのは身体が傾いている状態を非常に嫌います。身体が傾くということは視線を傾けるということになり、視線が傾くことはめまいなどを発生させることもあるので無意識に身体を真っすぐにしようとします

③身体を真っすぐに保とうとするときに”腰方形筋” にストレスがかかる

※右手で荷物を持っているときには、ずっと左の”腰方形筋”に力が入っているといっても間違いはではありません。

 

例えば

仕事などでノートパソコンなどを癖で常に片方の手で持つ方”腰方形筋”が原因で”腰痛”

 

そんなに重いものでなくても毎日の積み重ねが大きな負担になるので左右バランスよく使うことをオススメします。

 ”腰方形筋”のストレッチはこちら >

 

 

腰痛

このような”腰痛”でお困りの方は連絡いただければと思います。
予約は”お電話”また24時間対応の”ネット予約・line予約”が便利になります。

予約の詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です