”夏バテ”ってどうすればいいの?

9月も折り返してくると身体に表れてくるのが”夏バテ”・・・。身体がだるくて重たくていつも以上に仕事もしたくありません・・・。さて、どうしましょうね・・・。

 

 

ホントこの時期になってくると、あの恐ろしい暑さを乗り切ったツカレが身体に現れてきます・・・。個人差はあると思いますが、多くの人は”夏バテ”に悩まされダラダラとした毎日を過ごすことになってきます・・・。

で、実際”夏バテ”っていったいなんで起きるんでしょうね?

 

 

”夏バテ”って?

”夏バテ・夏バテ”ってよく言われていますが、ホントのところどんな症状で何で起きるかなんて考えたことがなかったのでちょっと調べてみましたので!!

 

”夏バテ”の症状

・疲労感、身体のだるさ
・食欲の低下
・寝つきが悪い

 

なんていうのが症状みたいです。って、世間的に言われていることがドンピシャなんですけどね・・・。

 

”夏バテ”の原因って?

でも、この”夏バテ”をちゃんと説明しろっていわれると
「毎日毎日暑い日を過ごしてきたツカレがあるとき訪れること!」って言うぐらいしか説明できないのですけど、科学的というかしっかりと説明をしますと

”夏ばての原因”

夏の高温多湿の環境の中で人間は生命維持のために体温を一定に保とうとします。その結果、自律神経がフル稼働することで疲弊し、自律神経の乱れを引き起こすこと

 

なるほどって感じです!!

 

 

”夏バテ”解消のために

で、ここからが今回の本題に入ってきます。正直、”夏バテ”がどんなものかなんてことはどうでもいいんですよ!!どうすれば、この”疲労感・身体のだるさ・食欲低下・不眠”が解消できるかなんですよ!

ということで、この食欲がないときにこんな飲み物で”夏バテ”を解消できるみたいですよ!

 

甘酒

なんとなく甘酒は身体に良いというイメージがありますが、実際に江戸時代のは疲労回復が目的で飲まれること多かったらしく、今でいうところのエナジードリンクの立ち居地だったみたいです。

 

また、現在では”飲む点滴”と言われるくらいに栄養価が高いようです。

甘酒にはブドウ糖が豊富に含まれているので、身体を動かすエネルギーとしてすぐに使われます。さらにはビタミンB1、B2、B6と言ったビタミンB群や、必須アミノ酸が豊富に含まれています。

こういった成分が現在の点滴の成分と近いということから、”飲む点滴”と呼ばれるようになったんですね。

夏の暑い時期には冷蔵庫で冷やして朝一杯。というのがすごく良いみたいですよ!

 

ちなみに、”夏バテ”は日本の気候固有のものといわれていますので、やっぱり日本の飲み物のが効果はありそうですよね!

 

トマトジュース

トマトジュースは体内でビタミンAに変化するβ-カロテンやビタミンCに加え、ビタミンB1、ビタミンB2などのビタミンB群やビタミンEが含まれている夏バテ対策ドリンクとしては効果バツグンになってきています。

 

特にビタミンB群は食べた食品をエネルギーに変える働きを助けるために疲労回復に効果が期待できますので、”夏バテ”対策には外せない栄養素のひとつになります。

また、カリウム・マグネシウム・カルシウム・鉄・亜鉛などのミネラル分もトマトジュースは含んでおり、これらは血行促進や食欲増進に効果があります。

しかも、トマトには強い抗酸化を待つリコピンが大量に含まれています。で、その抗酸化力で細胞を活性酸素のダメージから守り”夏バテ”の予防に効果が期待できます。

ですが、リコピンはそのままでは身体への吸収が悪くなっています・・・。ですので、加熱・粉砕することで吸収率が上がり体内へのリコピンの蓄積も高まるためにジュースで摂ることがベスト!!

 

フルーツジュース

フルーツといえばビタミンというように、フルーツジュースはトマトジュースと同じような効果が期待できます。

 

先ほど紹介した甘酒やトマトジュースは正直苦手という方も多いと思います・・・。が、フルーツジュースなら飲みやすいと思いますのでおすすめになります。

グレープフルーツやオレンジなんかはビタミンが豊富に含まれています。朝一杯のフルーツジュース日課にしてみてはどうでしょう?

ですが、100%にしてくださいね!!

 

ルイボスティ

さいきんではちょくちょく聞くことも多くなってきているルイボスティなんですが、限られた条件の下でのみしか育たないので希少な植物みたいなんです。

また、アフリカの人々は”不老長寿のお茶”と呼んでようなので非常に高い栄養価が期待できますね!!

 

ルイボスティーの一番の有効成分はポリフェノールの一種であるフラボノイドになってきます。 フラボノイドは活性酸素を取り除いて体細胞を老化防止の働きをしっかりしてくれますし、脂質や糖質の代謝を高めてくれるため基礎体温の上昇が期待できます。 体温が上がるということは血流を促進してくれるので冷え性の改善に効果があるといわれています。

しかも、就寝前に体温を上昇させておくことは深く質の良い眠りに入りやすいといわれていますので、 ポカポカと身体を温めてくれるルイボスティーはお休み前の安眠ティーにもってこいです!!

ちなみにルイボスティーにはグリーンとレッドがあるようで、グリーンが未発酵になりレッドが発酵しているものになり、グリーンのはうが抗酸化作用のあるフラボノイドがレッドの10倍と豊富になっているようですが、日本で一般的に出回っているのはレッドになっているそうです。

 

というようにイロイロと調べてみますと結局なところ、”ビタミン・フラボノイド”が大事になってくるみたいですね!疲れていると食欲もなくなってきます・・・。ただ液体でしたらまだ抵抗なく身体に取り入れることもできると思いますので、朝食ということで朝飲んで仕事に出かけるなんていうのも良いと思います。

ボク的には甘酒もトマトジュースも苦手になってきますので、温かいルイボスティーがお腹には優しそうですし良い感じですね!

 

 

身体の悩み

些細な”身体の悩み”でお困りの方は連絡いただければと思います。
予約は”お電話”また24時間対応の”ネット予約・line予約”が便利になります。

予約の詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です