”首の痛み”は下を向いているから 20代男性

どんな痛みもそうなんですが、仕事に支障が出ようなら早目の対応を・・・。

こちらのお兄さん、3ヶ月ほど前に転職されたということです。

以前はかなりアクティブに身体を動かす内容の仕事だったのですが、今の仕事は身体を固めながら手先を使うことが多く、かなり細かい作業もするということです。

デスクワークと同じように「背中を丸めて、下を向く」この姿勢のまま長時間集中して作業をしてしまうと、どうしても”背中・首”には負担がかかってしまうのは仕方がないことになります・・・。

ちなみに首の負担はまっすぐ正面を向いているときが一番負担が少なく

    首への負担は

  • 15度傾くと約2.5倍
  • 30度傾くと約3.5倍
  • 45度傾くと約4.5倍
  • 60度傾くと約5.5倍

頭の重さを5kgとすると45度傾けると約22kg、小学校2年生を首で支えているくらいの負担になってくるみたいです・・・。

これは、恐ろしいことです・・・。

最近ではスマホの普及により長時間、下を向いていることが多くなることで首への負担が大きくなってきているのが実情です。

注意すべき点はただ一つ!

長時間やらないこと

そんなこと重々解っていますが、なかなか難しくなってくるのが現実になってきます。

それで、このお兄さんには”腰、背中、首”というように上半身中心で施術を行い、帰りには「スッキリした」と言っていただけたのでよかったんですが。

まだ、仕事の内容に対する身体が出来上がってないようですので、またお時間を作っていただけるように話をさせていただきました。

今のこの時代、若いから大丈夫なんてことはありません!!

背中・首の痛み

このような”背中・首の痛み”でお困りの方は連絡いただければと思います。
予約は”お電話”また24時間対応の”ネット予約・line予約”が便利になります。

予約の詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です