痛みはないのですが、シビレがツライです・・・

正座したら足のシビレ”がバツグンでまともに歩くこともできないなんて、かっこ悪いですよね・・・。

 

”手足のシビレ”と聞くとなんか怖いイメージをもたれる方もいると思います。実際のところ脳梗塞などの病気によるものもありますから気をつけていかなければいけないのですけどね。

ただ、”シビレ”は人として生きているうえで経験されていない方はいないですよね!!

 

一番身近で思い浮かぶのが”正座していての足のシビレ”
いざ立とう思ったときに力が入らないような・・・・。恐ろしく変な歩き方になってしまい、かっこ悪いったらあらゃしないという感じになってしまうシビレ。

または”ヒジをぶつけての手のシビレ”
不意にヒジをぶつけてた時に指先まで電気が走るようなシビレ。しばらく余韻が余韻が残ってしまうのですが感覚的には言うほど痛みはなくビックリしたという感覚の強いシビレになりますね!!

というように日々の生活で”シビレ”を感じることは結構ありますが、原因は様々になってきますのでいくつか紹介してみます。

 

 

血行不良によるシビレ

先ほども紹介しましたが、血行性で起こる痺れの代表といえば”正座でのシビレ”ですね。長時間ヒザを目一杯曲げている上に全体重がスネから足の甲に掛かってしまうことで血流が悪くなってしまう”シビレ”です。

 

見事に”シビレ”てしまうと、さわっても「ジ~~ン」という感覚しかありませんしかなり冷たい・・・。しかも思い通りに動かせない・・・。

時と場合によっては非常に恥ずかしい思いをしてしまうことも・・・。

 

血行不良で起こるシビレの特徴

血流が阻害されている場所より遠位に症状がでる

 

例えば、ヒザのあたりで血行不良が起これば”スネ・ふくらはぎ・足の甲やウラ”といようにシビレを感じます。また人間の感覚として”スネよりも指先”のように末端部分のほうがシビレを強く感じます。

また、寝ているときにウデが信じられないような方向に曲がっていることで”シビレ”と冷たさで起きてしまうなんて事もあります・・・。

血行不良というのは冷え性の原因になっておりますので、部分的には非常に冷えますので注意が必要ですね!!

 

 

神経的なシビレ

つぎに、神経的に問題がある場合”シビレ”になるのでが、こちらは血行不良のときとは異なりシビレの発生する領域に特徴があります。

 

神経的なシビレの特徴

問題がある神経の領域が局所的にシビレが発生

 

脊柱に問題がある場合(代表的な例は頚部、腰部におこるヘルニアです)などは頭部に近ければ近いほど症状の出る範囲が広くなる可能性があります。ヘルニアが出る方向次第ではありますが、頚部のヘルニアが原因になって上肢だけではなく下肢へも影響が出ることもあります。この場合は必ず右手・右足のように同側の手足にシビレが発生します。
(下の図は皮膚分節といい脊柱での神経圧迫による症状の出る範囲を表しています)

 

腰部のヘルニアが原因で上肢に症状が出ることは絶対にありません。

また、ヘルニアによる”シビレ”などは、両側に出る(左右の上肢が同時にシビレが出ること)のは非常に少ないです。ヘルニアの場所が複数の場合は左右どちらにも発生することはありますが絶対数はホント少なくなります。

 

つぎに、神経が脊柱から出てきてから圧迫などの問題が起こってくる場合です。(手根管症候群・梨状筋症候群・肘部管症候群・胸郭出口症候群など)

この場合も、”シビレ”の症状は局所的に表れることが特徴になります。

最初のところで紹介しましたが、ヒジをぶつけたときなどに指先がしびれる事がありますがあれは指の”シビレ”は全体的ではなく薬指と小指がしびれているのです。
なぜかというと、薬指、小指を支配している神経(尺骨神経)がちょうど肘の内側辺りを通っているため、そのあたりに刺激が加えられることにより指全体ではなく尺骨神経が支配している2本の指に”シビレ”が出るということです。

 

 

筋膜からのシビレ

筋膜などが原因でおこる”シビレ”についてですが、これに関しては”シビレ”というよりは感覚的には痛みを感じることのが多くなります。

 

筋膜が原因で一番多くあると思われるのは癒着です。
筋膜の癒着というのは長時間同じ姿勢をとったりすることで起こることで筋肉(筋膜)は骨に付着しているのですがこの付着している範囲が以上に広くなってしまうことで”痛み・違和感、シビレ”などを引き起こしてきます。

また、トリガーポイント(筋膜のしこり)の発生によってもシビレが出ることもあります。

”トリガーポイント”の詳しくは ▶

 

 

危険なシビレ

最後はちょっと危険なシビレで疾病からくる”シビレ”になります。

 

主な疾病からのシビレ

・脳梗塞
・脳腫瘍
・糖尿病
・ギラン・バレー症候群

 

ここに挙げたのはほんの一例になります。他にも細かくいえばまだまだ多くありますので注意が必要です。

 

疾病からくるシビレの特徴

”シビレ”だけではなく他の症状

 

特に脳梗塞や脳腫瘍などの場合は”今まで感じたことのないような頭痛”にが発せすることが多くなります。

ギラン・バレー症候群は”腹痛・下痢”などの症状もでてきますので、いつもと明らかに感じが違うなと思う場合は病院で早急にチェックをお願いします。

 

 

手足のシビレ

このような”手足のシビレ”でお困りの方は連絡いただければと思います。
予約は”お電話”また24時間対応の”ネット予約・line予約”が便利になります。

予約の詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です