ソファーで寝て”腰の痛み”悪化 50代男性

人生の1/3ぐらいは寝ているのは人間です。睡眠時にはしっかりと身体を休めないと酷い目に・・・。

今回紹介する、こちらの男性は数年前から腰に違和感を感じ出したということで、お時間を作ってお越しいただいているのですが、ここ半年前ほどから以前より腰の痛みが酷くなってきたという事です・・・。

確かに”腰の痛み”なんてものは2人に1人という感じにあるといわれているので

”腰の痛み”なんてものは合って当たり前なければラッキー!

なんてこともいわれているのが現状で仕方ないといってしまえばそれまでの話になってしまうのですが・・・。

ある時期を境に頻繁にお越しいただくようになった原因は絶対にあると思うのでイロイロと話を伺ったところ・・・。

以前は30分ほど歩いていた

ここまで頻繁にお越しいただく以前は毎晩30分ほど歩いていたということなんです。

仕事上はそんなに動き回るほうではなく、デスクワーク中心になっているということで運動不足が気になっており30分ぐらいですが歩いていらっしゃいましたが、最近はめっきり歩くことはなくなったということです・・・。

普段の生活で、あまり身体を動かさない方はとくに当てはまるのですが、どうしても身体が硬くなり筋肉・関節の動きが悪くなることが原因で身体に違和感や痛みが発生することなんて山ほどあります。

それを防ぐためには運動したりストレッチを行ったりすることで普段の生活以上に身体を動かすことが非常に重要になってきます。

間違いなく、歩かなくなったのは”腰の痛み”を悪化させた要因の一つになってきます。

ソファーで寝てしまう・・・

これは歩くなくなったということで夜にお酒を飲んでしまうことが多くなってしまい、知らないうちにソファーで寝てしまうことが頻繁にあるそうです・・・。

これは絶対に止めてほしいことのひとつです。

ソファーや床で絶対寝ない

10分15分の昼寝程度ならまだしも、がっつり1時間2時間と寝てしまうことは”腰の痛み”だけではなく、”首・肩の痛み”などにも大きく影響してきますので絶対に止めてほしいですね。

ちまたには、高反発・低反発などのマットレレスが溢れています。これだけ様々な種類のマットレスがあるのですが、なかなか”腰の痛み”などの症状はバッチリ改善できるものはないのにソファーや床なんかで寝るなんて言語道断です。

というように、こちらの男性にも二つのことは強くお願いしておきました。

運動にしても寝る場所にしても自己管理のひとつになってきます。ちょっとしたことでも気を付けるだけで身体に変化を与えれることは多々ありますので、ホント注意していかないといけません。

腰痛

このように”腰痛”でお困りの方は連絡いただければと思います。
予約は”お電話”また24時間対応の”ネット予約・line予約”が便利になります。

予約の詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です