”ウデの痛み”、原因は首でした 50代男性

ヘルニア、ヘルニアって巷では言いますけど、腰よりも首のヘルニアのが厄介で怖いんです・・・。

今回紹介する男性は、最近になって左ウデが置き所がないというほどに”ウデの痛み・違和感”が出てきて困っているということです。

”ウデの痛み”となりますと、単純にウデの筋肉が使いすぎでの疲労の蓄積が原因になり痛んでくることは当たり前で多くあるのですが、今回の男性のようにウデの置き所がないような痛みの場合は、ちょっと他の原因が考えられてきます。

  • トリガーポイントからの関連痛
  • 神経障害

トリガーポイントからの関連痛でウデの症状を出してくることでいえば、結構多くの例ががローテーターカフ筋のトリガーポイントが原因になってウデへの痛み・関連痛を発生させてくることです。

参照:http://www.triggerpoint.nagoya/

上の図は背中のにある棘下筋のトリガーポイントからの関連痛の領域になってきます。背中・肩甲骨まわりの筋肉なんですが、関連痛に関して言えばウデに症状を出してくることが特徴になってきます。

もちろんのことなのですが、ウデの筋肉のトリガーポイントからの関連痛もあります。

基本トリガーポイントの関連痛は通常の筋肉が緊張して出しているような痛みとは違い、芯にくるというかホント嫌な痛みになってくることが多いです。

それで、こちらの男性のウデの痛みは結論からいいますと神経障害で頚椎ヘルニアが原因でウデに痛みが発生していました。

イロイロとチェックから施術に進んでいくと首の動きに連動してウデへの痛みに変化が出ていたので首まわりが関係していると分かったので、この時点でも頚椎ヘルニアが怪しくなっていました。

首まわりから気になるところの筋肉・関節の動きとバランスを取っていくとウデの痛みの軽減は診られたのですが、やはり頚椎ヘルニアが心配でしたので一度レントゲン・MRI等の検査をお願いしました。

で、後日お越しいただいたときに頚椎ヘルニアだったとお話を頂きました。

頚椎ヘルニアはホント始末が悪くになり腰椎ヘルニアと比べてもかなり厄介なものなってきます。

腰椎ヘルニアの症状は腰から下に現れ、とくに足に出るのが特徴になりますが、頚椎ヘルニアの場合は首から下に症状を出してきます。ということはウデにも足にも痛みが出る可能性があるということでホント怖いです・・・。

で、こちらの男性は検査の結果で頸椎ヘルニアと診断されたのですが、現状は軽度なのでさほどリハビリーがあるわけでもなくお薬だけで経過を見ていくということです。

となると、疲れが引き金になりウデへの痛みが発生してきていると思われますので首・肩の緊張感を定期的にメンテナンスすることが必要になりそうです。

このように”首の痛み”はなくても頚椎ヘルニアなんてことも少なくないので注意が必要ですね!!

ウデの痛み

このような”ウデの痛み”でお困りの方は連絡いただければと思います。
予約は”お電話”また24時間対応の”ネット予約・line予約”が便利になります。

予約の詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です