TPの関連痛から首・肩・背中の痛み

トリガーポイントからの関連痛の続編の首・肩の痛みについてです。これに関しては、いわゆる首の痛み・肩こりということになってきますので気になる方も多いでしょうね!

トリガーポイントからの関連痛

トリガーポイントからの関連痛なのですが、様々な症状に関係することもありますし意外な症状の原因が関連痛だなんてこともあります。

ので、実際ボクが普段施術をしながら気にしているトリガーポイントを症状別に紹介してみます。

首・肩・背中の痛み

肩こりに始まって、首の痛み・背中、肩甲骨まわりの痛み違和感のことになるのです。

トリガーポイントからの関連痛の痛みなんかよりも単純に筋肉疲労からくるもののが多くありますが・・・。イヤ~な痛み違和感の原因は関連痛の仕業のことが多いので気になります。

僧帽筋

僧帽筋

この僧帽筋は頭痛のところでも紹介しましたが、頭痛の時は僧帽筋の中でも上部に発生するトリガーポイントからの関連痛が大きく関係していましたが、首・肩・背中の痛みの関しては上部だけではなく中部の僧帽筋に発生するトリガーポイントからの関連痛が大きく影響してきます。

ホント痛みの領域としては、一般的に多くの人が首・肩・背中の痛みを感じる部分になってきています。

頚板状筋

頚板状筋

頚板状筋は左右の肩甲骨の間から首。頚椎に伸びていく筋肉になります。単純に筋肉の緊張で首まわりに痛みを出すことは多くありますが、トリガーポイントからの関連痛からも上の図で示したあたりの首側面に違和感や痛みが発生してきます。

また、頭痛というか目のまわりに違和感を出してくることがあります。

肩甲挙筋

肩甲挙筋

首の痛み・肩こりという点において僧帽筋と並ぶぐらいの重要な筋肉になってくるのが肩甲挙筋になります。トリガーポイントからの関連痛となりますと、いわゆる肩こりの領域から肩甲骨の内側、またウデの付けにまでと広範囲に広がっていく感じになります。

この肩甲挙筋、女性のが緊張させやすい傾向にあるのと寝違えの時に痛めることが多いですね。

菱形筋

菱形筋

菱形筋のトリガーポイントからの関連痛は筋肉の付着部である肩甲骨内側に症状を現わしてきます。

菱形筋、今回は一つでまとめましたが厳密に言いますと、大菱形筋と小菱形筋に分かれています。が、トリガーポイントからの関連痛は同じような感じなのでまとめました。

身体の悩み

なにか”身体の悩み”でお困りの方は連絡いただければと思います。
予約は”お電話”また24時間対応の”ネット予約・line予約”が便利になります。

予約の詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です