TPの関連痛から頭痛

前回はトリガーポイントの説明してきましたが、そんなトリガーポイントの原理なんていうのは正直どうでもいいと思いますので、今回はトリガーポイントからの関連痛が頭の痛みを引き起こすことの紹介です。

トリガーポイントからの関連痛

そんなトリガーポイントからの関連痛なのですが、様々な症状に関係することもありますし意外な症状の原因が関連痛だなんてこともあります。

ので、ボクが普段気にしているトリガーポイントを症状別に紹介してみます。

頭痛

頭痛を誘発するトリガーポイントからの関連痛はいくつかあります。筋肉によっては頭の様々な場所に違和感や痛みを発生させてくるものもありますので、そのあたりを紹介してみます。

青く色が塗られているところが関連痛が発生しやすい場所になります。

後頭下筋群

後頭下筋群

後頭下筋群からの関連痛は、側頭部に症状を発生させる傾向にあります。

後頭下筋群は頭と首の境にある小さな筋肉たちの塊になっています。なかなか負担が掛かってきている筋肉たちになってきますので、単純に首の痛みを発生させてくることも多くあります。

胸鎖乳突筋

胸鎖乳突筋

関連痛として頭の広範囲に頭痛のような症状を出してくるのが胸鎖乳突筋になってきます。目のまわりや耳周辺に症状を発生することが特に多くあるように思います。

胸鎖乳突筋の付着部が耳の下あたりにあり事で、この筋肉の緊張が原因になりアゴの付根や奥歯あたりに違和感を出すこともありますので気を付けたいですね!

頭板状筋

頭板状筋

この筋肉からの関連痛に関していえば、症状が発生するところが頭頂部。正直なところ頭頂部が痛むことって少ないと思うのですが頭板状筋のトリガーポイントからの関連痛は頭頂部になってきます。

ちなみに、頭板状筋は重要な筋肉で首・肩の痛み。特に寝違えの時などに問題を起こしている筋肉の一つになってきています。

僧帽筋

僧帽筋

上の図を見ていただければ解るかと思いますが、首・肩・背中を大きく覆っている筋肉になっている僧帽筋ですので、単純に首・肩・背中に痛みや違和感を出してくることは多くなっています。

僧帽筋の関連痛になりますと、頭の横側である側頭部に痛みを出してくる傾向にあります。こめかみ付近や耳のまわりに症状が出ることも多いですね。

関連痛からの頭痛のまとめ

頭痛に関係してくるトリガーポイントからの関連痛は、全てが肩甲骨よりも上にある筋肉の仕業になってきています。

特に首まわりの筋肉は単純に緊張することで筋緊張性頭痛に発展することもありますので、気を付けないといけません。

身体の悩み

なにか”身体の悩み”でお困りの方は連絡いただければと思います。
予約は”お電話”また24時間対応の”ネット予約・line予約”が便利になります。

予約の詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です