TPの関連痛から腰痛・殿部の痛み

トリガーポイントからの関連痛の続編の腰・殿部の痛みについてです。ざっくり言いますと腰痛ということになってきますので、これを見ていただけると自分の症状に似た感じのものがあるかもしれませんね!!

トリガーポイントからの関連痛

トリガーポイントからの関連痛なのですが、様々な症状に関係することもありますし意外な症状の原因が関連痛だなんてこともあります。

ので、実際ボクが普段施術をしながら気にしているトリガーポイントを症状別に紹介してみます。

腰・殿部の痛み

人間の二人に一人あるといわれる腰痛なんですが、このトリガーポイントや関連痛が影響してることって非常に多くあるように思います。殿部にいたっても坐骨神経痛のような違和感や痛みを出してくることがありますし身体の上下の要でもある腰に問題が出てくると厄介ですので注意したいところですね!!

腰方形筋

腰方形筋

腰方形筋っていう筋肉はあまりメジャーではないかもしれませんが、腰の痛みには大きく影響してきます。身体の深部にあり血行負担が大きくかかってくる筋肉なのでトリガーポイントが発生することも多くあり、この筋肉の緊張では腰でも横に広がるような痛みを覚えることが多いですね。

関連痛は腰というより殿部に違和感を発生させることが特徴です。

腸腰筋

腸腰筋

体幹を支えるインナーマッスルとしては非常に大きな筋肉の腸腰筋なのですが、腸骨筋・大腰筋・小腰筋の三つの筋肉で構成されています。スポーツする方は腸腰筋の筋力アップはパフォーマンス向上に欠かさない筋肉になってきます。

また、デスクワークなどで長時間座っていることが原因で緊張させることもしばしば出てきます。

関連痛は腰椎付近に違和感を出すことと、そ径部に症状を出してきます。

最長筋

最長筋

脊柱起立筋の中でも一番外側に位置するのが最長筋になってきます。トリガーポイント云々というよりも腰痛の原因としては多く当てはまってくるのが最長筋になります。

関連痛としては腰椎と仙骨付近である腰仙関節に発生しやすく、そのまま下に下り殿部などに問題を起こしてくるのが特徴です。

多裂筋

多裂筋

体幹のインナーマッスルとして働く多裂筋なのですが、結構痛めやすく。仙骨の上を押さえた時に痛みを感じる人はちょっと多裂筋に負担が掛かっていることが多く思われるので注意したいところです。

また、ギックリ腰などでも痛みを発生させてくることも多くあるのが特徴になってきます。

関連痛は見事なぐらいに多裂筋の付着部である仙骨上に現れてきます。

大殿筋

大殿筋

骨盤まわりの筋肉としては一番大きな筋肉になってくるのが大殿筋です。筋肉が大きいということは力も強くなりますし影響力も大きくなってきますので、あまり負担をかけすぎると痛みや違和感を骨盤まわりというかお尻のあたりに出してきます。

関連痛は大殿筋付近に発生するものがほとんどで、大殿筋から離れたところに違和感を出すことはありません。

中殿筋

中殿筋

梨状筋と同じく、中殿筋の緊張は坐骨神経痛を発生させてくる筋肉の一つになってきています。しかも、この筋肉に負担が掛かってくることで腰へも影響し腰痛の原因としても考えられることが多いです。

関連痛としては範囲が広く、下部腰椎ふきんから骨盤まわり全体に痛みや違和感を発生させてきます。

梨状筋

梨状筋

梨状筋の緊張といえば梨状筋症候群。いわゆる坐骨神経痛の原因の一つになってきます。梨状筋の動きが悪いくなると股関節の可動域にも影響し腰への負担も大きくなるので、腰痛のを引き起こすキッカケにもなってきています。

関連痛は筋肉の付着部付近に発生し太ももの裏側にまで違和感を発生させることも多くあります。

身体の悩み

なにか”身体の悩み”でお困りの方は連絡いただければと思います。
予約は”お電話”また24時間対応の”ネット予約・line予約”が便利になります。

予約の詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です